« おっ!! まぶしい!! | トップページ | 春の嵐に耐えた ハナミズキ »

2018年4月21日 (土)

みぃちゃんの お花見 ❀






花水木 の木陰に ニリンソウ が咲いた。

柊南天や、皐月の陰に ひっそりと・・・・・・

小さくて、華奢な、白い花。

主張もせず、静かに、目立たぬように。。。。。。



≪ 二輪草 (ニリンソウ) ≫


7

Photo








7

Photo_2








7

Photo_3








7

Photo_4








6








みぃ は、を見ずに逝ってしまった。

毎日 庭を眺めるのが好きだった みぃ だから、、、、、、、

を見せてあげたくて、マウスでお絵描きしました。

みぃちゃん、一緒に あ・そ・ぼ Photo_5



A





Ps








Photo_6







« おっ!! まぶしい!! | トップページ | 春の嵐に耐えた ハナミズキ »

マウスで描く」カテゴリの記事

画像遊び、あれこれ」カテゴリの記事

花ごころ」カテゴリの記事

コメント

清々しいお花の2りんそう。
みいちゃんみたいですね。
すてきな桜みいちゃんもきっと見えて喜んでいると思います。
とってもすてきそして
素晴らしい技術。heart04

cherryblossom みかんちゃんこころちゃんタマちゃん母クリスティー 様
   有難うございます。

庭が季節ごとに、色々な花が咲いたり、紅葉したり、
庭の雰囲気が変わるのが、何となく感じていたようです。

そこに、顔なじみのキジバト三羽(番と独り者)、
赤トラ、黒トラの二匹ののら(=^・^=)さん、
丘陵地なので、一年中棲み付いている、シジュウカラ、メジロなどの野鳥たち。

いつも同じ顔触れらしく、ガラス戸際に みぃ が居てもすぐ傍まで近寄ってきます。
みんなの動きを目で追って、楽しそうに眺めていたものです。

洋猫は長生きしない。 19歳まで長生きしたのは珍しいと先生に言われました。
難しい病気を二つも抱え、よく頑張ったと思います。
今更ながら、タマちゃんは立派だったと強く思っています。

星になった 2ニャン ヽ@(*^ェ^)@入@(・ェ・o)@ノ 
一緒に空を走り回って、楽しく過ごしていると信じています。
タマちゃん、みぃ を よろしくお願いします ღ❤ღ´ェ`*)

マウスで描かれた桜に蝶♪
みぃちゃん♡の喜んでいる姿が浮かんできます
桜、見せたかったですね
日本生まれの猫ちゃんだもの♡

hanaさんのお気持ちが素敵ですcat

cherryblossom すみれさん、有難うございます。

みぃ をキャリーバッグに入れて、週2の点滴治療に通っていた2月、
バス通り際の庭に、白梅、紅梅が咲き始めたのをぼんやり眺めながら、
そろそろ花の季節が始まるのだなぁ~と、春の陽射しを感じていました。

でも、みぃ の方は、いよいよ病状悪化し、大好きだった日向ぼっこも避けるように・・・
その頃から、通院を拒否。
キャリーバッグに入らず、私の顔をじっと見て、後ずさりし、「 もういいよ」と言う感じでした。
かなり弱っていたので、もう好きにさせてあげようと、みぃの意志を尊重。
担当の先生と連絡を取りながら、介護を続けました。
先生が「みぃちゃん、もうすぐ桜が咲くよ」と。
桜の中を旅立てたら・・・・と願いましたが、叶いませんでした。


あいちゃんが、楽しそうに遊んでいる姿を見ると、本当に嬉しいです。
おもちゃで遊んだり、先日のマットを蹴り蹴りしているのを見ると、
こんな楽しい事を見つけるなんて、ほんとに若いなぁ~と感じます。
見ているだけで楽しい。 あいちゃん、ありがとう (v^-^v♪

通院拒否を目で訴えていたのかなって・・・みぃちゃん♡
飼い主としてどこまで治療をしていいものかと
苦悩されたことかと思います。
人生ってどんなことも選択の連続ですものね

最善だったとみぃちゃんが理解されていると思います
だって愛されていたんだと一番分っていたのは
みぃちゃんだと思いますからheart04confident

clover すみれさん、お心遣いありがとうございます。

みぃが通院拒否を涙目で訴えた時の顔は、今でも目に焼き付いています。
きっと、一生忘れる事は出来ないでしょう。

腎不全の治療中に、危険な状態になった時、もう一つ甲状腺機能の病気を併発。
その時17歳。  多分、一年は持たないでしょう・・・・と。
18歳になった時、私が一番喜び、昨年末19歳になった時は、
担当の先生が『 奇跡ですよ~』 と一番嬉しそうでした。
よく頑張ったね。二年は神様がくれたご褒美よ。

それと、キャリーバッグに入るのも、通院も、点滴も嫌がらずに
素直に治療を受けてくれたみぃに、私は助けられました。
その みぃが 拒否したのは、自分の命の終わりを悟ったのでしょう。
もう無理をさせてはいけないと感じました。

でも思いは複雑で、今でもあれで良かったのかと・・・・と。
ワンちゃんを亡くされた経験のある すみれさんだからこそ、
複雑な気持ちを解って下さるのですね。
少し安心しました。  ほんとうに有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おっ!! まぶしい!! | トップページ | 春の嵐に耐えた ハナミズキ »

フォト

今、何時?

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ