« 青いクルミが 鈴なりに ♪ | トップページ | 猛暑の中で・・・ヒメジョオン »

2018年7月10日 (火)

山を背に 満開の、ネムノハナ






山を背に、大きな ネムノキ が一本。

お化粧の刷毛のような、花がたくさん咲いています。

昨夜の雨に打たれたのか、少し乱れたような花。

ふんわり、優しい花でした。。。。。。。



≪ 合歓の木 (ネムノキ) ≫


K17

Photo








K17

Photo_2








K17

Photo_3








K17

Photo_4








K17

Photo_5








K17 少し離れて見ると、とても大きな 合歓の木 です。

Photo_6








暑い、暑い、と言いながらも、

お店には、秋の味覚が いろいろと並んでいます。

今日のお店では、 ブドウ が目を惹きました。


Ps70








Ps










« 青いクルミが 鈴なりに ♪ | トップページ | 猛暑の中で・・・ヒメジョオン »

コンデジが行く」カテゴリの記事

花ごころ」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
仰る通り、暑い、暑い、と言いながらも、秋の気配はあると思います。
以前詠みました歌です(合歓の木、オジギソウなどをミモザと言いますよね)
「真昼間のミモザの陰に一陣の風吹きわたる 秋は来にけり」 coldsweats01 sweat01

bicycle 平戸皆空さん、有難うございます。

ミモザ と言うと、本来オジギソウやネムノキなどの
マメ科の植物のことを指すそうですね。
秋になると、インゲンを大きくしたような実をたくさん付けます。

一般に、ミモザと聞くと、枝いっぱいに黄金色のポンポン状の
花を咲かせる ≪アカシア≫ の事が思い浮かびます。
でも、オジギソウやネムノキのように、葉に触れても
お辞儀はしないみたいです。

こんばんわ!
ねむの花がとてもきれいですね。
優しい色合いで、独特の花のかたち、それが涼しさを感じさせます。
わがまちでも咲き始めました…
ねむのはなは、わがまちの花になっています。

bicycle でんでん大将さん、有難うございます。

あの、ふわふわの花姿が魅力的で、毎年楽しみにしています。
淡い紅色の長く伸びた糸状のものは、≪雄しべ≫だと最近知りました。

オジギソウは、葉に触ると閉じますが、ネムノキは触っても閉じません。
夜になると、ゆっくり自分で閉じるのだそうです。
なので、「眠る木」・・・いつしか「ねむの木」。
写真の大きなネムノキは、山の方にあるので、夜の姿は見たことがありません。

大将さんのお宅から、鳥海山の見える広い景色の中に ネムノキがあったら、
より一層美しく感じられることでしょう。
大将さんの町の花、よく似合います ლ(❛◡❛✿)ლ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青いクルミが 鈴なりに ♪ | トップページ | 猛暑の中で・・・ヒメジョオン »

フォト

今、何時?

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ