2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 黄金色に輝く花 ロウバイ | トップページ | 疾風に揺れる、日本水仙 »

2019年1月22日 (火)

陽だまりでほころぶ、ボケの花







商店街のはずれの小さな空き地。

優しい色の ボケ の花が咲いています。

冬の日差しが 暖かい。




≪ 木瓜 (ボケ) ≫


1

Photo








1

Photo_2








1

Photo_3








1

Photo_4








1

Photo_5








1

Photo_6








Photo_7








1月21日 ( 昨夜 )は、今年最初の満月でした。

スーパームーン とも言われています。

地球と月の距離が とても近く、普段より月が大きく見えます。

  昨夜は撮りそこなったので、今夜撮りました。



Ape2019


来月 ( 2月 )の満月は、今年最も大きい満月だそうです。

お天気が良ければ、また撮りたいと思ってます。。。。。








                      Photo_8Photo_9










« 黄金色に輝く花 ロウバイ | トップページ | 疾風に揺れる、日本水仙 »

花ごころ」カテゴリの記事

自然と空」カテゴリの記事

コメント

月…とってもきれいでした。スーパームーンとは知らないでいたのでしたが、昨日に
その事を知りました。昨夜は横浜にいて、あの大きな虹色の観覧車とスーパームーンの
コラボに酔ってホテルに帰りました。
今ホテルで、あなたのブログを拝見しながら、ふたたび昨夜の月を思い出しています。

こんにちは。
 優しい色のボケですね。
春が少しづつ近づいているのでしょうか?
 スーパームーン、きれいに撮られていらっしゃる・・・。

今晩は。
名前で損している草花が幾つかありますが、ボケ(木瓜)もその一つですね。
客観的には梅よりも可憐さがあるような気がします(4枚目のお写真でも分かります)。
検索によれば、木瓜=もけ→ぼけ‥‥と訛ったもの、となってます。中には春にならない
ピント外れの時期に咲くので(ピン)ボケのイメージがある、との説明も‥‥嘘つけ、この野郎!!!!!!
後からのこじつけの典型だろうが 
これを直す方法は、ボケの木を品種改良してもっと大型の木にする(桜ほどに)のがいい
んでしょうが、難しんでしょうかね?

「今晩は」
ワーオ、私もすっかりボケかけました。
お花は 春を先取りして綺麗綺麗。
一方の私は・・・、アッ言うのやめとこ。

(* ^-^)ノこんばんわ♪
でんでん大将さん、コメント有難うございます。

とても大きな満月でしたね。
色も少しですが赤味を帯びて、美しかったです。
すぐお隣の横浜でご覧になっていたのですね。
コンデジでは うまく撮れなくて、半分はボケボケと、
画面から月が外れたりで、四苦八苦でした (*ノ∀`*)アハッ
ご希望を果たされ、満足されたことでしょう。
本当にご苦労様でした (⊹^◡^)ノo.♡゚。*

(* ^-^)ノこんばんわ♪
マコママさん、コメント有難うございます。

ここのボケは、毎年咲いて、この時期の貴重な花となっています。
優しい感じの色合いで可愛い花です。
マコママさんの処で、とても美しい宝石を見せて戴きました。
見ているだけで、幸せな気持ちになりましたよ~ ლ(❛◡❛✿)ლ

スーパームーンは、アメリカでは真っ赤に燃えるような満月だったそうです。
テレビのニュースで見ました。
2月の満月は、今年一番大きなスーパームーンだそうです。
晴れていましたら、ちょっと夜空をのぞいてみてください。

(* ^-^)ノこんばんわ♪
平戸皆空さん、コメント有難うございます。

木瓜=もけ→ぼけ・・・でしたか。
可愛い花なのに、もっと良い名前が欲しかったですね。
梅は枝ぶりに魅力を感じますが、
ボケは、放っておくとぼさぼさに暴れてしまいますね。
花が杯型に咲き、梅のように開き切らないのがいいです。

(* ^-^)ノこんばんわ♪
アットマンさん、コメント有難うございます。

ボケ。 
かわいそうな名前だけれど、他人事ではない親しみがあります。
周りになにも花が咲いていないので、皆に愛されています。
放りっぱなしなのに、毎年忘れずに咲くんですよ。
ボケてない ボケの花です ლ(❛◡❛✿)ლ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄金色に輝く花 ロウバイ | トップページ | 疾風に揺れる、日本水仙 »