2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 春告げ花、やっと咲いた🎵 | トップページ | 猫のしっぽ? ネコヤナギ »

2019年2月27日 (水)

古民家の フクジュソウ






丘陵地の雑木林を行く。

落葉樹の大木は、すっかり葉が落ち、

地面に積み重なって、ふかふかの絨緞のようです。



Photo

Photo_2








林を抜けると、ポツンと一軒家。

重厚な門をくぐり、中へ・・・・・・・。

江戸時代の古民家で、旧荻野家住宅と薬医門。

その頃の、医者の邸宅で、東京都指定有形文化財となっています。


Photo

Photo_3







古民家の庭で、春を見つけた ლ(❛◡❛)ლ



≪ 福寿草 (フクジュソウ) ≫


11 重なる落ち葉を、力強くかき分けて・・・・・・・

Photo_4








11 大きな石のそばからも・・・・・・

Photo_5








11 やっと、、、、顔が出た~~~~・・・・・

Photo_6








11 すっくと伸びて、リンとした姿・・・・・・・・

Photo_7








11 リュウノヒゲ の根っこは堅い!!

   体をよじって、土の中から抜け出して・・・・・・・・

Photo_8








2ye








隣接の草花苑で見つけた、万葉の歌。



≪ 宇家良 (ウケラ) ≫

  夏に紫色の花が咲き、秋には枯れます。

  枯れても崩れず、咲いた時のままの形でまっすぐ立っています。


Miniflowerpa

700700

武蔵国歌とは、万葉歌に掲載されている歌。

武蔵の国の国府から、中央に献納された歌。

現地伝承歌の一つと思われる。


hana は、歌の詳しい事は解りませんが、

調べたことを、ごく簡単に記すと、このような事のようです。







Ps






Photo_9













« 春告げ花、やっと咲いた🎵 | トップページ | 猫のしっぽ? ネコヤナギ »

コンデジが行く」カテゴリの記事

花ごころ」カテゴリの記事

コメント

今日は。
この返しとして‥‥
「わが妹を 想ふ大きさ 武蔵野の うけらが腕を 広げたるほど」 と詠ったりすれば相聞歌です。
オケラを捕まえてつまむと、グローブ型の前腕を目いっぱい広げる様が面白くて、色々唱えながら
遊びませんでしたか?(‥××ちゃんのチ×チ×はどれ位だ?とか‥)  

(* ^-^)ノこんばんわ♪

平戸皆空さん、コメント有難うございます。
((*´∀`))アハハ  それは 男の子の遊びでしょ?

ウケラの花と、オケラの相聞歌 (ღˇ◡ˇ)人(ˇ◡ˇღ)
ややこしいなぁ~ (๑˃́ꇴ˂̀๑)
武蔵国歌には、多摩川を題材にした歌もあるようですね。
hana には、よく解りませんが・・・・・(*´σー`)

こんばんわ!
こもような古い民家がまだ東京にも残っていることに、
驚きました。しかも江戸時代のもの…すごいですね。そんな民家を見れば、
何かホッとするような気持ちになりますね。そんな民家には福寿草は良く
似合いますね。我が家ではこれからです。まだ蕾も見えません…
和歌がその庭に?風流ですね。

(* ^-^)ノこんばんわ♪

でんでん大将さん、コメント有難うございます。
この近くに、もう一軒の古民家があります。
先日の記事の中に、梅林の向こうに見えていた茅葺の家です。
あの古民家は、医者の邸宅とは違い、もっと素朴な家です。
その古民家と、梅林の間に、福寿草がたくさん咲く場所があります。
かたまって、たっくさんなんです σ(*´∀`*)
もう少し暖かくなっったら 行ってみようと思っています。

話は違いますが・・・・・・・
白洲次郎、正子夫妻が暮らした家も茅葺の古民家を少しだけ改良して住んでいました。
(戦後、GHQ と渡り合った、唯一の日本人として知られています。
     正子夫人は随筆家として知られています)
今も、文化住宅のど真ん中に、静かに茅葺の家が佇んでいて、
その家で育った娘さんが、当時のままに守っておられます。

先日、NHK の番組で白洲次郎のドキュメンタリー番組が放映され、
世間に改めて知られることになり、中高年の方たちが、日々訪れています。
とても落ち着く、いい雰囲気の所で、静けさに浸っている人達が多いです。


確か町田にあったのが、白洲次郎、正子夫妻の茅葺きの家でしたね。一度、
行ったことがあります。武相荘でしたっけ?もう随分前の事です。落ち着いた家が、
まだ記憶のなかにあります。

わっ ご存知でしたか。
そうです。 武相荘です。
NHK の放映の時は、この茅葺の家にゲストの方や、アナウンサーの方たちが
集まり、部屋の様子などを実況中継されました。
白洲次郎の人となりや、政治的な業績、趣味などなど・・・
興味深い話が沢山あり、訪れる人たちも多くなっています。
以前は、近辺には自然が残っていましたが、今は住宅もどんどん増えています。
静かで落ち着いた場所で、団体さんは無く、2~3人で訪れることが多いようです。
電車やバスを乗り継いで・・・・あまり便利な所ではありません。
私が行ったときは、駅前の本屋さんに、白洲次郎、正子夫妻の著書が山積みされていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春告げ花、やっと咲いた🎵 | トップページ | 猫のしっぽ? ネコヤナギ »