2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« くりん、くりん がいいね! 花水木 | トップページ | 春から咲き続ける ノースポール »

2019年5月13日 (月)

緑さわやか 羅漢さん







木々の緑が 爽やかにゆれる。

緑を吹き抜ける風が、心地よい。

けれど、、、、、

なぜか けだるく、せつない五月。



ふと、静かな山のお寺が 懐かしくなった。

羅漢さんたち、どうしているだろうか??

      

      

緑の大木や、花に包まれた 古いお寺。

ここが、羅漢さんのお住まい。



2_6 

Photo_175








羅漢さん、他のお寺の友人と電話中。



         『 10連休は、どうじゃった 

               静かな山寺も、にぎやかじゃったよなぁ~ 』

2_6 

Photo_174








         『 そっちもかい

             どこも人でいっぱい・・・同じだよ~ (´▽`) '`,、 』


2_6 

Photo_173








        『 いっぱい来たけど、               『 わしらに逢いに来るのは、

              美人はいなかったなァ~ 』              お年寄りに決まってらァ~ 』


2_6 

Photo_172








         『 わしは やっぱり 花よりダンゴ  

                寺に来る途中に、ダンゴ屋があったじゃろ 』


2_6 

Photo_171








         『 静けさが戻ったから、音楽鑑賞がいいな

               〝 紫陽花のうた ” 知ってるかい?? 』


2_6 

Photo_170








          『 わしは、歌より読書じゃナ・・・・・

               ・・・・・ウーヒヒヒ・・・・おもろいなァ~ (ღ✪v✪)* 


2_6 

Photo_169








         『 カメさんや、お前さんも長生きしたねぇ。

              令和時代も元気で行こうナ 』


2_6 

Photo_168









         『 大きな災害はいかん  平穏無事が何よりじゃ 』


2_6 

Photo_167








         『 桜も美しかったが、青もみじもええなァ~ 』


2_6 

Photo_176








Photo_177








      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« くりん、くりん がいいね! 花水木 | トップページ | 春から咲き続ける ノースポール »

羅漢さん」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 わ~見事な羅漢様たちに名台詞がピッタリ!
おじょうずですね?
思わず笑みが・・・。
このような羅漢様を観たことがありません。
ありがとうございます。

「今晩は」
「美人が一杯」でしょうが、プンプン。
皆様に喜んでいただくのが羅漢の務め。
そんなことでは羅漢の名が消えます、心得なさい。
「セーノー」美人が一杯、美人が一杯、美人が一杯。
「よくできました」。イケメンが一杯も忘れないように。

🌼 こんばんは。
マコママさん、コメント有難うございます。

お正月の頃、落ち葉に埋もれた羅漢さんを訪ね、
ブログに掲載しましたところ、皆様に楽しんで戴けましたので、
また、載せることにしました。
本当は桜咲く頃、お花見を楽しむ羅漢さんを・・・
と思いましたが、訪れる人が多く、羅漢さんがうまく撮れませんでした。
静かになった境内は、緑に溢れておりました。
心の中で語り合っているうちに、気持ちが和み、笑顔になって帰宅しました。
季節ごとに、何度も訪れますが、飽きることも無く、楽しいです。
『紫陽花寺』 とも言われていますので、紫陽花と羅漢さんをお楽しみに・・(*ˊᵕˋ*)੭ ੈ

🌼 こんばんは。
アットマンさん、コメント有難うございます。

((*´∀`))アハハ 「美人が一杯」ですよねぇ・・・・❔
でもね、羅漢さんは正直者なんです。
嘘は○○のはじまり・・・・
「美人が一杯」、「美人が一杯」、「美人が一杯」・・・
でも私、心の中で、羅漢さんと語り合いました。
羅漢さん、私の顔をじーーーっと見て、言ったんですよねぇ (´⌒`。)
「 やっぱり、おらんなァ・・・」
私の好きな羅漢さん達は、みんな正直・・・デス

以前もアップしてくれましたね。いつ見てもほっこりします。
ここは一般的なお寺さんでしょうか?
像は古いようですが、何の目的でこのような現代風な微笑ましい羅漢を設置しているのか、一度会ってみたい(*`・ω・)ゞね。

🌼 こんばんは。
でんでん大将さん、コメント有難うございます。

ここは、武蔵野丘陵と多摩丘陵の境目あたり、
木々の緑に囲まれた、山のお寺≪ 浄慶寺 ≫。(じょうきょうじ)と読むのが正しいそうです)。
1615年に創建され、徳川家康の実母の菩提寺である、尼寺≪ 伝通院 ≫から
代々尼僧が派遣されて守ってきました。
その後、さびれそうになりながらも、地元の有志に守られ、
どなたでも訪れることが出来るお寺になっています。

今は、男の住職さんと、地元の方たちで、お寺の存在を広めつつあります。
若い人たちにも知ってほしいと、ユニークな羅漢さんは、かなり以前から、
一年に一体ずつ作られ、地元の有志により紫陽花を3000株ほど植えられました。
6月には『 アジサイ祭り 』が行われ、駅前通りで『 アジサイと羅漢さん 』の
写真展も開かれています。
ココログの方の中でも、その写真を掲載されている方もいらっしゃいます。
≪ アジサイ寺 ≫ として広まりつつあります。
山の中のこじんまりした古いお寺。 普段はひっそり静かで、人影も少々・・・(´∀`*)ウフフ
私の場合は、静まりの中で、羅漢さんと対するのが好きで、一年に何度も訪ねます (^^ゞ


細やかな説明有難う。羅漢は地元有志の手作りでしたか?年に一体づつとは根気が要りますね。

🌻 でんでん大将さん、少し補足します。

石像を作っているのは、住職さんのお知り合いの石屋さんで、
石像造りの職人さんがいらっしゃいます。
その方と住職さんが、色々話し合いながら一年に一体のペースで
作っているそうです。
我が家の近くのお寺に行くと、山門の内側に羅漢さんが3~4体あり、
ピカピカの新しい羅漢さんです。(苔もなく、ツルツルできれいです)
見たところ、雰囲気がとてもよく似ていますので、
同じ方の作ではないかと思われます。
もしかしたら、このお寺も同じ石屋さんと関係があるのでは・・・と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« くりん、くりん がいいね! 花水木 | トップページ | 春から咲き続ける ノースポール »