2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

彩り、撮り、鳥

2024年3月11日 (月)

冬の陽ざしの中で、冬スミレ





庭の日当たりのよい場所で スミレ が咲いている。

4月のような温かい日があったり、

初夏のような陽気の日もあったり、、、、、

まだ春になった訳ではなく、東京にも雪が降った。。。。。

そんな 気ままなお天気にも構わず、

庭の陽だまりの中で、小さな白いスミレ が咲いている。


Photo_20240311232304
G1_20240311232301



Photo_20240311232304
G2_20240311232301




マンリョウ の赤い実の傍では、二色厚葉スミレが3輪 。

Photo_20240311232304
G3_20240311232301



色々な草に紛れて、、、、

Photo_20240311232304
G4_20240311232301



ニワセキショウ の鉢の中にも・・・・・

Photo_20240311232304
G5_20240311232301



寒い日も 頑張る。

Photo_20240311232304
G6_20240311232301



Photo_20240311232303



昨年の晩秋の頃から、毎日庭に来ていた ヒヨドリ 。

水飲み場で 喉を潤す。

Bird4png
Photo_20240311232302




Photo_20240311232301





2024年2月10日 (土)

陽射しを浴びて、カモの水浴び





今日は晴れ。 雪もすっかり溶けて無くなった。

庭の梅の蕾が膨らみ、隣の庭の白梅はもう咲いている。

山間の公園の梅林は、どうだろうか

池の向こう側の梅林は、まだ咲いていない。

蕾が膨らんで、来週には咲くに違いない。


Photo_20240210221601



公園の奥の東屋に 目をやると 、、、、、

昨年の12月初めは、紅葉で華やいでいた 東屋が、

Photo_20240210221505



今は 落ち葉重なり、枯れ木が林立し 静まり返っている。

Photo_20240210221504



遠くで バシャバシャ と 水の音がしているので、

池に行ってみると、、、、、、

なんと賑やかな水鳥たち。

陽ざしで明るい池の中で、気持ち良さそうに 水浴びしている。


『 冷たくないの  「気持ちいいよ~ !!

4pin
Photo_20240210221503



4pin
Photo_20240210221502



4pin
Photo_20240210221501



4pin
Photo_20240210215902



心配そうに見ていた 2羽も飛び込んで、バシャバシャ 。


4pin
Photo_20240210215901



仲間と泳ぐカモさん、団体で列を作って泳ぐ キンクロハジロ、

おっとり系のホシハジロ、潜るのが得意な カイツブリ 等々。。。。。

皆 仲良く泳ぎ回っています。

0125-14




Photo_20240210223801







2023年3月 3日 (金)

旅立ちを前に、キンクロハジロ の 運動会





春うららァ~~・・・

気温 20℃

丘の麓の遊水池。

冬の間、静かに寛いでいた水鳥たちが、

最近、活発に動き回っています。

キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、カルガモ、コガモ、アオサギ、などなど。。。

中でも一番活発で やんちゃなのが、キンクロハジロ 。

隊列を組んで泳いだり、水しぶきを上げて 四方に散らばったり。

バシャバシャと 水音をたて、忙しく動き回る。

何やら 始まりそうな気配。

旅立ち前の トレーニング だろうか

池の水音を聞きつけて、少しずつ集まって来た 老若男女 。

ついに、始まった !!


Bird1png_20230303220301
A1_20230303220301



一番先に騒ぎ出す者が 必ず居る。

Bird1png_20230303220301
A2_20230303220301



何時も大騒ぎするのは、この三羽・・・ ?? 「見分けは付かないが・・・(^^ゞ 

Bird1png_20230303220301
A3_20230303220301



遠巻きに見ていた コイ が捕まってしまった !!

Bird1png_20230303220301
A4_20230303220301



仲間を蹴散らし、走る、走る、、、、、、

Bird1png_20230303220301
A5_20230303220301



あっちへ、こっちへ、走る、走る 、、、、、

仲間たちが 心配気に、ザワザワ・・・・

Bird1png_20230303220301
A6_20230303220301



お―ッ!!  忍者か??  水面を走っておるヨ。

Bird1png_20230303220301 
A7_20230303220301



足がもつれたか  エッ !? 足つった??

思い切り、水の中に突っ込んだ、、、、仲間が駆け付ける。。。。

Bird1png_20230303220301 
A8_20230303220301



気が済んだのでしょうか

急に静かになり、

仲間たちも、ハラハラ、ドキドキでお疲れの様子。

Bird1png_20230303220301
A910



おや !! キンクロヤンキー君。

Bird1png_20230303220301
A10

見物人達からは、笑いが起こったり、時々拍手もあったり、

何時もは静かな池も、この日だけは、鳥も人も共に楽しみました。

春は別れの季節。 もうすぐ旅立ちです。 

晩秋に、また逢いましょうネ。



Photo_20230303222401





2023年2月 3日 (金)

和みのひと時、コサギ





バス通りを外れ、細い横道に入ると、

まったく違う世界が広がる。

冬枯れの茶色の風景の中に、竹林の緑が目を惹き、

川の両側には、人がやっとすれ違う程の 細い道が続く。

以前は、砂利がゴロゴロした土の道だったが、

最近、アスファルト舗装になり、泥んこ靴にならずに歩ける。

冬枯れの小径を、冷たい北風が吹き抜ける。

明日は 立春。

緑一色になる春が 待ち遠しい。。。。。。


3png_20230203203501 冬枯れの小路。

A1



3png_20230203203501  川を覗くと、水量は少ないが、勢いよく流れている。

A2



3png_20230203203501 緩やかな流れの中に、鯉がたくさん見えた。

A3_20230203203501



3png_20230203203501 陽射しが川底に届いて、気持ち良さそうな鯉たち。

   今日は、亀さんには逢えなかった。

A4



6_20230203204701
  更に 川上に向かうと、小鷺が一羽。

 深みにはまり、足を踏ん張っている。

A5



6_20230203204701  やっと、石の上に上がって来た。

A6



6_20230203204701 おっ!! 何か いるヨ !!

A7



6_20230203204701 小魚、捕れたァ~ .*¨*.¸¸ 

A8



6_20230203204701 あァ~ おいしかった 3png_20230203205301

A9

 

何時までも見ていたい ほっとするひと時。

この川では、コサギ、カルガモ、コガモ、カワウ などの水鳥が見られます。

散歩の足を止め、鳥たちの様子に見入る人達も ちらほら。。。。




                120145  1_20230203210701 2_20230203210701








Photo_20230203210901


 

 

2022年12月30日 (金)

穏やかな年の瀬、長閑な水鳥たち





今年も あと一日。

今月初めは、華やかに燃えていた紅葉でした。

5_20221230220801
G12022



今は、林の中に 幾重にも落ち葉が積もり、

ふかふかの 絨毯の上を歩いているようです。

5_20221230220801
G22022



公園の中ほどの池をのぞくと、

静かな池で泳ぐ、水鳥たちの姿が見えます。


いつも一緒で、仲の良いカモさんカップル。
5_20221230220801
G32022



一番やんちゃで、一番賑やかな、キンクロハジロ 。
5_20221230220801
G42022



おとなしく、おっとりしている、ホシハジロ のカップル。
5_20221230220801
G52022



水中に 潜るのが得意な カイツブリ 。
5_20221230220801
G62022



し~~んと 静まり返った池に、突然 バシャバシャと 大きな水音。

一羽のカモさん、いきなり水浴びを始めました。

寒いのに、何とも派手な水浴びに、周りのカモ達が覗き込む。。。。。


5_20221230220801
G7



5_20221230220801
G8



5_20221230220801
G9



5_20221230220801
G10

冬の池は、とても寒いです。

紅葉で賑わっていた公園は、今は人影もまばら。

水鳥たちは、この池で冬を越し、3月に旅立ちます。

桜が咲く頃には、池には誰もいなくなります。
         
         
         
ココログの皆様、今年も大変お世話になりました。

皆様の豊富な話題に触れ、沢山の事を学ばせて戴きました。

来年こそ、平穏無事な世の中であって欲しいものです。

皆様にとりまして、良い年でありますように願っております。





Photo_20221230222501





2022年12月11日 (日)

可愛いね、ふっくら雀





12月に入り 剪定された キンモクセイ の樹。

茂っていた枝葉が、すっきりと風通しが良くなり、

この樹に、毎日集まるスズメ達の、賑やかな声が聞こえて来ます。

早朝は、枝の先端に出て、朝陽を浴び、羽に空気を取り込んで、

ふんわりと膨らみ、一層可愛らしく見えるスズメ達です。


Png_20221211225901
1_20221211225901



Png_20221211225901
2_20221211225902



Png_20221211225901
3_20221211225901



Png_20221211225901
4_20221211225901



Png_20221211225901
5_20221211225901



2_20221211225901



こちらは 門扉際の、マキの樹が定位置の ホトトギス

秋になると飛来して、キーキーとかん高い声が

住宅地に響き渡ります。


2_20221211230801
Photo_20221211225802



2_20221211230801
Photo_20221211225801

毎年同じヒヨさんかどうか解りませんが、

このマキの枝に いつも止まって休んでいます。

来ると 「キーキー・・」うるさいと思い、

姿が見えないと、今年はどうしたのか と心配になる。

遅れても 必ずやって来る、 ヒヨさんなのです。





Photo_20221211231501





2022年9月19日 (月)

滝の流れと、カモさん





ゆっくりと進行している 台風14号。

鹿児島県に上陸したとのニュース 。

大雨の日が続きそうだ。

その前に、、、、、

最後の晴れ間に、山間の公園に散歩がてら行ってみた。

湿度が高く、ムシムシとした真夏日。

公園の外れには、滝があるはず。。。。。

あそこなら涼しいだろうと、公園を抜け

2png_20220918234701
Photo_20220918234801



林の中の小路を進み、坂を登って行くと滝が見えて来た。

滝を落ちる水音は涼し気で、ホッとする。

この滝の水は、斜面を下って 公園に入り、

水車小屋の 水車を回している。

2png_20220918234701
Photo_20220918234702



滝の水は細い流れとなり、斜面を下って行く。

2png_20220918234701
Photo_20220918234703



急斜面の段差を、水は落ちて行く。

2png_20220918234701
500680



やがて平らな所にたどり着き、小さな川となる。

2png_20220918234701
Photo_20220918234701



大きめの石に腰かけて 涼んでいると

先ほどまで林の中を歩き回っていた カモさんが

小川の中に入って来て、石の間や川底をつつき始めた。

近くで見ている私を、時々 チラチラと見るけれど

怖がりもせず、逃げる様子もない。

このカモさんは、一年中この公園に棲みついていて、

番のはずだが、一羽しか見えない。


Bird1png
Photo_20220919000002



Bird1png
Photo_20220919000001



Bird1png
Photo_20220919000303



Bird1png
Photo_20220919000302



遅れて、もう一羽がやって来た。

この番のカモさんは、いつも一緒で 仲が良い。


Bird1png
Photo_20220919000301




Photo_20220919000701









2022年6月 9日 (木)

青色さわやか、カリフォルニア スカイ





梅雨入りしている事もあり、雨の日が多い。

曇りの日でも、にわか雨やら、雷雨もあり、

雹が降る事もあるので、油断は出来ない。

たまに、雲間から太陽がのぞくと、

ベランダに、洗濯物を持って走り回る。

そんな 鬱陶しい日々の中、

庭に ひと際さわやかな色の花が咲いた。

目の覚めるような 青色の花、シシリンチウム


≪ シシリンチウム  カリフォルニア スカイ ≫

  アヤメ科  常緑多年草  ニワゼキショウの仲間  野生化するほど丈夫

C05png
Photo_20220609232908



C05png
Photo_20220609232907



C05png
Photo_20220609232906



スミレがいっぱい詰まったような鉢に、タネが飛んだのでしょうか

居候の割には、大きな顔して咲いてます。


C05png
Photo_20220609232905



C05png
Photo_20220609232904



C05png
Photo_20220609232903



C05png
Photo_20220609232902




Photo_20220609232901



子スズが巣立ちをし、キンモクセイの樹に集まっています。

近づいても、あまり怖がりません。

親に連れられて、庭のエサ台に来ていた子達のようです。

Ape_20220609232901
                     Photo_20220609234201画像の中で、クリックしてください。





Photo_20220609234301





2022年3月27日 (日)

可愛さ 100% 、赤花アセビ





前回の記事は、白花アセビ でしたが、

同じお寺の境内には、赤花アセビ も満開になっています。

白花アセビは、手のひらからこぼれる程大きな花房で、

どこか気品さえも感じさせる美しさでした。

それに比べ、赤花アセビの なんと愛らしい事でしょうか。

壺型の 赤い花が、たくさん連なって咲いています。

山門を入ると、こんもりと形よく整ったアセビの樹が目に入ります。


Photo_20220327221110
Photo_20220327221109



Photo_20220327221110
Photo_20220327221108


今や、鈴なり状態。

紅系の花・・・紅花アセビ

淡いピンクの花・・・アケボノアセビ

濃い赤色の花・・・パッション

万葉集にも、その名が登場するほど、古くから愛されて来た花木。

開花期が長く、日陰でもよく育ちます。(花数は 少な目)


≪ 紅花馬酔木 (赤花アセビ)≫

Photo_20220327221110
Photo_20220327221107



Photo_20220327221110
Photo_20220327221106



Photo_20220327221110
Photo_20220327221105



少し離れた場所には、淡いピンクと白のぼかしのアセビ 。

Photo_20220327221110
Photo_20220327221104



Photo_20220327221110
Photo_20220327221103



Photo_20220327221110
Photo_20220327221102



Photo_20220327221110
Photo_20220327221101
なんと愛らしい花なんでしょ.·˖*·

見ているだけで、思わずにっこり(´ ` )

何時までも 見つめていたい・・・・(*˘˘*)..:*



2_20220327222401


庭に、お水を飲みに来た ヒヨドリ。

Photo_20220327222401




Photo_20220327222301




 




 

2022年2月16日 (水)

『 いない、いない、ばあっ!』キンクロハジロ





この前とは、逆コースです。

満開の ロウバイ と、甘い香りに浸った後、

山間の池の、キンクロハジロ に 逢いに行きました。

この前は、羽ばたく音や水しぶきの音が、

池の中に響き、とても賑やかでしたが、

今日は どうした事か、し~~ん と静まり返っています。

池の中心に かたまって泳ぐ、キンクロハジロ 達。


1_20220216230401
Photo_20220216230309



皆と離れて、池の端で ぷかぷか浮いて、寝ているオスとメス。

1_20220216230401
Photo_20220216230308



カメラを向けたら、動かぬまま 目だけ開けて、、、チラッ !!

1_20220216230401
Photo_20220216230307



池の縁のベンチに 腰かけて見ていると、

メスが近づいて来て・・・ん


『 いない、いない、、、、、』

1_20220216230401
Photo_20220216230306



『 ばぁ~!!

1_20220216230401
Photo_20220216230305              (*´*)アハハ  遊んでくれてるのね。



そして、オスの方が 近くにやって来て、、、、、

1_20220216230401
Photo_20220216230304



羽繕いを始めた。

1_20220216230401
Photo_20220216230303



ころん とへそ天になり、ぷかり、ぷかり、浮きながら

胸を、くしゅ、くしゅ

1_20220216230401
Photo_20220216230302



次は、お腹を、くしゅ、くしゅ、、、、、

1_20220216230401
Photo_20220216230301


そして、尻尾も、、、、、

1_20220216230401
Photo_20220216232201



体が横揺れしながらも、器用にお手入れしているなぁ~と

飽きずに眺めていたら、、、、、、、(ノڡ)

1_20220216230401
Photo_20220216232202カメラのシャッター音が、気になったらしい。

ごめんなさい。(o_ _)o))







Photo_20220216232203