2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 秋色が温かい・・・キバナコスモス | トップページ | ヒガンバナ満開、中秋の名月 »

2020年9月25日 (金)

庭の自由人?・・・シュウメイギク






20年以上も前に植えた シュウメイギク

花が少なくなりつつある 庭の中で、

濃い紅色の八重咲きの花は、

家族の眼差しを 独り占めしています。

一か所に植えたはずなのに、、、、、、

この花は、勝手に移動するんですネ (´ ` )

人が歩く 飛び石の間から芽を出し、邪魔で困っています。

最近は、飛び石を挟んで、右の花壇から、

いつの間にか、左の花壇に足を伸ばしています。

あちこちに、小さな新しい苗が存在し、

『 花も好きな所に 歩いて行くのね~・・・』なんて σ(*´*)

自己主張が強いのか、やんちゃなのか、自由自在。

見えない土の下を、地下茎を伸ばして、

とんでもない所に、ひょっこり芽を出すのです。


≪ 秋明菊 (シュウメイギク) ≫

  別名 : 貴船菊、秋牡丹

C08png 
Photo_20200925181304





C08png 
Photo_20200925181303





C08png 
Photo_20200925181302





C08png 
Photo_20200925181301





C08png 
Photo_20200925181203





C08png 
Photo_20200925181202




Photo_20200925181201



庭の片隅に咲いている、草丈の小さい花達。

ペンタスキンセンカエリゲロン


Ps90_20200925181201
                   Hana-2_20200925182101 画像の中でクリックしてください。





Photo_20200925182201


ポチッとよろしく!






« 秋色が温かい・・・キバナコスモス | トップページ | ヒガンバナ満開、中秋の名月 »

コメント

こんばんは!

シュウメイギクが咲くと、すっかり秋らしい景観となりますね。
ここらでも、いつの間にかヒガンバナやシュウメイギクが花
開き、同時に秋の空気に包まれているのに気が付きます。

でも、シュウメイギクって白い花ばかりだと思ってました。
庭のは白いからなあ・・・。 今までそう思う込んでいただけ
ですが、ちょっとへーっとなりましたよ^^;

よく見ると八重のようですね。 八重はちょっと豪華に見えま
すなあ。

今日は空気も冷たく、午後から雨も降りだしました。 こうして
秋も深まっていくのでしょう。

そして、草刈りが待ってます(笑) 当分、草刈りでヒイヒイしそ
うでございます。

🌸 たろさん、コメント有難うございます。

こんばんは♪
20年以上前に、この花を植えた頃は、まだ珍しかったみたいです。
園芸カタログに『 赤花八重咲き秋明菊 』という名前で出ていました。
見た事も無い秋明菊でしたので、取り寄せましたが、
離れた場所のあちこちに小さな苗が出て、群れずに咲いていました。
今思うと、それこそ ソーシャルディスタンスですよね (´▽`*)ウフフ
苗を掘って、元の場所に集めて、三蜜で咲かせています ((*´∀`))アハハ
ですが、誰も秋明菊だとは言ってくれません。
白い花の楚々とした秋明菊とくらべると、賑やかで目立ちすぎます。

今日は一日中雨降りで、肌寒い日でした。
お米の収穫大変でしたね。  お疲れ様でした。
光る鉱物で楽しみながら、草刈りも・・・急に冷えてきたので要注意です。

最近はシュウメイギクも色んな品種が出回っていますね・・・
写真の八重咲のものは賑やかで、これはこれできれいですね。
若い時分にはそんなに関心もなかったシュウメイギクですが、今ではとっても好きに
なりました。これも年齢からくるものでしょうね~?

🌸 でんでん大将さん、コメント有難うございます。

20年以上も前は、これがシュウメイギク? と思いました。
シュウメイギクの印象とは、かなり違う花に見えました。
出回り始めた頃だったのでしょう、珍しいので植えて見たのですが、
白いシュウメイギクとは、まるで雰囲気が違うのです。
鮮やかな濃い紅色の八重咲の花は、楚々とした風情は
まったく感じません。
深まり行く庭の中で、華やかで元気を貰えるような存在です。
自由気ままに、庭のあちこちに動き回るので少し迷惑?です。
今朝も、7cmほどの苗を3株、元の場所に植え替えました。
散らばっているよりも、花は三蜜がいいですね (笑´w`)
同じ町の友人から、白いシュウメイギクの株分けした苗を貰い、
植えつけましたが、花が咲くのは来年になるでしょう。
紅白揃ったら楽しいですね (๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪

花にも流行があるというか、一時、シュウメイギクを
園芸店で捜し歩いたことが・・・きっと世に知られた
頃かと。
白の一重のシュウメイギクを植えましたが
いつの頃からか、他の花に代わってしまい
今は、ありません^^;
八重はやはり華やかですね♪
白のシュウメイギクを初めて見たのは
京都の貴船神社だったと思います・・・
懐かしく写真を見せていただきました♪^^

🌸 すみれさん、コメント有難うございます。

シュウメイギクは、江戸時代に中国から渡来したそうです。
その後の事がよく解りません。 (人気が無かったのか、広まらなかったのか )
年を経て、京都の貴船地方で野生化したシュウメイギクが発見されました。
それが、濃い紅色の八重咲きの花 (ブログに載せた花)でした。
貴船菊と言う名で呼ばれています。
ですが、日本人の美的感覚からすると、白い一重のシュウメイギクが
楚々とした風情が好まれたのではないでしょうか。
自分で植えたのに変ですが、私も白い花がシュウメイギクらしくて好きです ((*´∀`))アハハ

シュウメイギクを植えても、地下茎でとんでもない所で芽を出し、成長します。
植えた元の場所で増えずに、庭中移動します。
夫が、別の場所に芽を出すと、雑草と一緒に引き抜いてしまい、
私は、( つ•̀ω•́)つ とか ヾ(。>﹏<。)ノ という事になり、、、、、"o(-_-;*)
夫は、5~6cmの苗は、雑草と紛れていて、判別しにくい、、、と。
それからは、私はせっせと、遠くの苗を掘り、元の場所に戻し植えています ;
すみれさんの庭でも、そんな事が起こっていたのかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋色が温かい・・・キバナコスモス | トップページ | ヒガンバナ満開、中秋の名月 »