2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月31日 (土)

収穫祭 と ブルームーン






10月31日。

コロナウイルス に振り回されているうちに、

月日は 慌ただしく過ぎてゆく。

今日はハロウィンだけれど、イベントはどこも中止。

収穫祭と言えば、ハロウィン のイメージが強いですが、

日本での収穫祭は、古くから様々な形で行われてきました。

例えば、、、、

愛知県の、「 抜き穂祭り 」。

山口県の、「 稲穂祭り 」( 狐の嫁入り)。

岐阜県の、「 どぶろく祭り 」。

秋田県の、「 雪中田植え 」(小正月行事) などなど。

ハロウィン に並べられるのは、宮中祭祀である新嘗祭と神嘗祭です。

歴史ある収穫祭のうち、この2つの祭りは、

数ある収穫祭の中でも、一線を画します。

日本の収穫祭は、大騒ぎせずに、収穫の喜びと感謝を、

祈りを込めた行事になっているのですね。


今年は少ないけれど、街中で見つけた、ハロウィンの飾りつけ。

8_20201031210201 
2020_20201031210402





8_20201031210201 
2020_20201031210401





 

はなちゃんの、収穫祭。

懐かしい写真を見つけました。 (はなちゃんは、今 空にいます)

8_20201031210201 
2020_20201031210101





10月のニャン。

私の大好きな、絵師 : 村松 誠さん の 猫さんです。

ニャン の収穫祭。  猫も肥ゆる秋 ((´ `*)) 




Photo_20201031210101





ハロウィン のアニメを作りました。

Ps202065
                    Hana-2_20201031210101 画像の中で、クリックしてください。



Photo_20201031211301




今夜は 満月ですね。

ブルームーン と言うそうです。

4月には、スーパームーン がありましたよね。

一年のうちで、最も大きな満月でした。

そして、

ブルームーン というのは、最も地球から遠い満月で、

今年最少の満月なのだそうです。

数年に一度しか訪れない、希少な現象で、

今回を逃すと、次は 2023年だそうですよ。

晴れて良かった!!

ハロウィン と 満月が、同じ日になるのは、46年ぶりだそうです。


二階の窓から夜空を見上げると、、、、

月の右上に、赤く輝く大きな星が見えます。

何の星   火星でしょうか (星には疎い私なので、違うかも・・・)

Photo_20201031211302 
1031_20201031211201





Photo_20201031211302 
1031_20201031214001





Photo_20201031212301


ポチッとよろしく!






 


 

2020年10月28日 (水)

〝秋田ハチ公″ という名の ダリア






先日のダリア園の、つづき です。

広いダリア園を巡っている時、≪ 令和 ≫ と名付けられたダリアがあった。

赤、黄色、淡紫、ピンク、オレンジ などが、微妙に混じり合い、

丸い形の、華やかな花でした。


≪ 令和 ≫

  平和で穏やかな未来が開かれるはずでした。

Photo_20201028204201 
H1





令和元年は、大災害に襲われた年。

令和二年は、世界中で コロナウイルスが猛威を振るっている。

Photo_20201028204201 
H2





そして 日本では、世紀の祭典 オリンピック が開催されるはずでしたが・・・

≪ 祝宴 ≫

Photo_20201028204201 
H3a5





日本の町々を、聖火が駆け巡るのを楽しみにしてましたね。

≪ 聖火 ≫

Photo_20201028204201 
H4





サクラの聖火リレートーチを バトンタッチ して・・・・

Photo_20201028204201 
H5





若者たちの 持てる力を競い合い、闘志を燃やす舞台 。

≪ 若鷲 ≫

Photo_20201028204201 
H6a6

残念ながら、オリンピック は来年に延期されたが、

どうなるのでしょうか





草丈2メートル。 人の顔ほどの大輪のダリアが、

美しさを競い合うように咲いています。

その中で、思わず足を止めたのが、これ 。


≪ 秋田 ハチ公 ≫

  犬の名前を、ダリア に

  ちょっと渋い、変わった色の花。

  そう言えば、秋田犬の毛の色に 似ている。。。。

Photo_20201028204201 
H7
ハチ公 と言えば、JR 渋谷駅前に設置されてから70年。

待ち合わせ場所として、あまりにも有名な『 忠犬ハチ公 』の銅像です。

渋谷のシンボルですが、今や世界中に知られ、外国人もここに集まっています。





おまけです。


≪ ピンクパンサー ≫

Photo_20201028204201 
H8





最後に、、、、

Photo_20201028204201
Photo_20201028204101





Photo_20201028204201 
H9b10





Photo_20201028211201

 

ポチッとよろしく!







 

2020年10月25日 (日)

ダリア育種の第一人者 鷲澤幸治さん






ココログのお仲間であり、大先輩の ブログ

『 でんでん大将のひとり言 』を拝見し、

ダリア の育種家であり、「秋田国際ダリア園」の

園長である 鷲澤幸治 さんの事を知りました。

誰もが知っているダリアの花ですが、

この花の 多くの品種を作り出した人については、

知っている人は 少ない。

鷲澤さんへの感謝と、ダリアの花の美しさを想い、、、、

そうだ !! 東京にも、ダリア園がある・・・  と気づいた。

折しも、新聞の地方版に、『 今年は、例年になく ダリアの花が美しい・・・』

と言う記事を見つけました。

コロナウイルスで、来園者は少ないが、今年の ダリア は、

花付きもよく、ひときわ美しく咲いているそうです。

それならば、行くしかない !!


Photo_20201025210001 
Photo_20201025205904





Photo_20201025210001 
Photo_20201025205903





 

鷲澤幸治 さんが生み出した品種でしょうか。

人の顔程もある大型の ダリア のオンパレードです。


Photo_20201025210001 
Photo_20201025205902





Photo_20201025210001 
Photo_20201025205901





 

鷲澤幸治 さんは、ダリアの育種の第一人者として、

国内外から 高く評価されていて、優れた品種を

1000種類以上を生み出しています。

国内市場に流通する品種の大半を占め、

1995年に、深いワインレッドの大輪、「 黒蝶 」を開発し、

大人気となり、ダリアブーム に火を付けました。


≪ 黒蝶 ≫

Photo_20201025210001 
Photo_20201025211906





Photo_20201025210001 
Photo_20201025211905





 

2004年には、上品な淡い紫色の「 虹 」を作り、

フランスのダリアコンテストの外国部門で

日本人初の、ファーストグランプリ賞を受賞しました。


≪ 虹 ≫

Photo_20201025210001 
Photo_20201025211904





Photo_20201025210001 
Photo_20201025211903





 

40歳の時、私財を投じて、『 雄和国際ダリア園 』を開園し、

園長として、管理棟に寝泊まりして、ダリア の世話と

新品種の開発を 続けていたという事です。  『 雄和国際ダリア園 』は、現在は『 秋田国際ダリア園 』となっています。

沢山の大輪ダリアの中に、なんとまぁ~可愛らしい ダリア を見つけました。

その名も「雄和小町」  (雄和とは、ダリア園を開園した所の地名)

草丈 40cm ほどの小さな花ですが、

何とも美しく、味わい深い花なのです。

秋田美人、そんな感じです。


≪ 雄和小町 ≫

Photo_20201025210001 
Photo_20201025211902





Photo_20201025210001 
Photo_20201025211901




まだまだ美しい ダリア の花は、沢山あります。

次回の記事で ご紹介しますね Photo_20201025210001





Photo_20201025214301

 

ポチッとよろしく!





 


 

2020年10月22日 (木)

秋の陽ざしの中で・・・八重咲き銅葉ベコニア






10年以上も 前の事、

街中の花屋さんで、変わった ベコニア を見つけ、

2株連れ帰り、庭に植えました。

大輪の八重の花つきが良く、

夏の間に、ポツリ、ポツリと咲いていたのが、

秋になって、満開になりました。

折れた茎を、土に挿すだけで根付く強さも持っています。

花がとても可愛いので、大切にしています。


≪ 八重咲き銅葉ベコニア ≫

9_20201022125301 
Photo_20201022125301





9_20201022125301 
Photo_20201022125207





9_20201022125301 
Photo_20201022125206





9_20201022125301 
Photo_20201022125205





9_20201022125301 
Photo_20201022125204





9_20201022125301 
Photo_20201022125203





9_20201022125301 
Photo_20201022125202




1_20201022125501


Ps_20201022130301                       Hana-2_20201022125601 画像の中で、クリックしてください。





Photo_20201022125601


ポチッとよろしく!



 

2020年10月17日 (土)

庭のちっちゃい秋






華やかで目立つ花が 少なくなりました。

小柄な花が多く、花色も青系や中間色が よく見られます。

庭の花たちも、足元を賑わせています。

カメラは、しゃがみ込んだり、膝をついたり、

不自然な姿勢で撮るので、ボケボケが多いです  (´―`)ゞ


≪ トレニア ≫

    春から晩秋迄、次々に咲くので人気の花。

    花色は、青紫、ピンク、白、黄色 などなど

1_20201017230501 
Photo_20201017230504





1_20201017230501 
Photo_20201017230503





≪ フユサンゴ ≫

   ナス の花そっくりの、白い花。

   花が咲くと、ほとんど実になるのは、ナス科だから

    『 ナスにムダ花は無い 』と言いますよね

1_20201017230501 
Photo_20201017230502





1_20201017230501 
Photo_20201017230501





1_20201017230501 
Photo_20201017230403





≪ オーデコロンミント ≫

   そばを通る度に、葉を指先で くちゅくちゅ。

   スースー  ミントの爽やかな香りを楽しんでます。

1_20201017230501 
Photo_20201017230402





1_20201017230501 
Photo_20201017230401





≪ 小菊 ≫

   二色の小菊の他にも、庭のあちこちに、白や黄色の菊が咲いて、

   秋らしい香りを漂わせています。

1_20201017230501 
Photo_20201017231604





1_20201017230501 
Photo_20201017231603





1_20201017230501 
Photo_20201017231602





Photo_20201017231601


ポチッとよろしく!




2020年10月13日 (火)

農家さんのご厚意で、キンモクセイと白花シュウメイギク






いつもの散歩コース。

川沿いの遊歩道を、川上に向かって歩く。

川幅が狭くなり、水量は少なく、澄んだ流れになっています。

秋の風に乗って、すっきりした花の香りに気付きました。

少し行ったところに、キンモクセイ の長い生け垣が続いています。

生け垣は、遊歩道と畑の仕切りになっていて、

綺麗な四角に刈り込まれています。


≪ 金木犀 (キンモクセイ)≫

6_20201013215801 
Photo_20201013215806





『 いい香り~~・・・』深呼吸していると、

顔見知りの農家さんが 『 家の入り口の キンモクセイ は、色が濃くてきれいだよ 』

と、 手招きするので、後を付いていくと、、、、、

なんと、黄金色の花が、濃い緑の葉の付け根に、

まとまるように、たくさん咲いています。

香りが、辺り一面に 広がります。

大きな、キンモクセイ の樹に近づき、夢中で撮りました。


6_20201013215801 
Photo_20201013215805





6_20201013215801 
Photo_20201013215804





6_20201013215801 
Photo_20201013215803





6_20201013215801 
Photo_20201013215802





6_20201013215801 
Photo_20201013215801




5_20201013215801



キンモクセイ を撮りながら、ふと、樹の奥を見ると、

何と、何と、、、、白花の シュウメイギク が、、、、、

どこをどう撮っていいのか 迷うほど、びっしりと 咲いていたのです。

『 こちらも、撮らせて戴いていいですか 』と。

『 放りっぱなしにしていたら、こんな事になっちゃったヨ・・・』

と、ご夫婦で大笑いでした。。。。

嬉しくなるほど、いっぱいの シュウメイギク でした。


≪ 白花秋明菊 ≫

7_20201013221701 
Photo_20201013221605





7_20201013221701 
Photo_20201013221604





7_20201013221701 
Photo_20201013221603





7_20201013221701 
Photo_20201013221602

奥様は、季節の花をいろいろと育てていらっしゃいます。

畑の片隅にも 花が植えられ、仕事が終わると花を摘んで持ち帰るそうです。

野菜もたくさん。  花いっぱい !!







Photo_20201013221601

ポチッとよろしく!




2020年10月 9日 (金)

ヒガンバナ と 羅漢さん






このブログに、何度か登場している、沢山の羅漢さん。

ヒガンバナ が咲くと、楽しそうな羅漢さんを思い出します。

山のお寺の境内は、どうなっているでしょうか

3日前の晴れた日に、逢いに行って来ました。


駅からお寺に向かう道端に、ヒガンバナ が勢ぞろいしていました。

とても華やかな、ヒガンバナ 通りです。 

勝手に名付けてしまいました (´ ` )


W10png_20201009232101 
Photo_20201009232101





お寺に近づくにつれ、ヒガンバナ は群生しています。

W10png_20201009232101 
Photo_20201009232310





W10png_20201009232101 
Photo_20201009232309





W10png_20201009232101 
Photo_20201009232308





境内に入ると、見慣れた羅漢さん達が、楽しそうな笑顔で迎えてくれました。



W10png_20201009232101 
Photo_20201009232307





W10png_20201009232101 
Photo_20201009232306





W10png_20201009232101 
Photo_20201009232305





W10png_20201009232101 
Photo_20201009232304





W10png_20201009232101 
Photo_20201009232303





W10png_20201009232101 
Photo_20201009232302





W10png_20201009232101 
Photo_20201009232301


境内を巡り、羅漢さん達の楽しそうな様子を見ているうちに、

こちらも笑顔に、、、、気持ちが穏やかに落ち着いてくるのです。

コロナウイルス が、早く収束しますように。。。。。 浄慶寺にて。





Photo_20201009233101


ポチッとよろしく!





2020年10月 5日 (月)

深まる秋の中で・・・タデアイ と アキノタムラソウ






くもり空。

冷たい風が、心地よい。

夏の花が 姿を消した、ひっそりと静かな公園 。

大木の下に 佇んでいた 素朴な花たち。

人影は 無いけれど、

昆虫たちが 忙しそうに舞っている。。。。。


≪ タデアイ ≫

  幼い頃、この花で ままごと遊びをした人は多いでしょうね。

Image1465 
Photo_20201005223908





Image1465 
Photo_20201005223907





Image1465 
Photo_20201005223906





Image1465 
Photo_20201005223905



Photo_20201005224501


≪ アキノタムラソウ ≫

   か細くて 地味な花ですが、なぜか昆虫たちが たくさんいます。

Image1465 
Photo_20201005223904





Image1465 
Photo_20201005223903





Image1465 
Photo_20201005223902





Image1465 
Photo_20201005223901





秋の味覚の一つ、ブドウ

色々な種類のブドウ が売られていますね。

Ps_20201005224801
                     Hana-2_20201005224801 画像の中で、クリックしてください。





Photo_20201005224901


ポチッとよろしく!





 

2020年10月 1日 (木)

ヒガンバナ満開、中秋の名月






家の前の バス通り。

街路樹の イチョウ の根元には 秋の花。

ギンナン が生り、ムラサキシキブ が色づき、

夏の雑草たちは、枯れ色になり、、、、、

秋が深まる中で、ひときわ目立つ真紅の ヒガンバナ

真っすぐに立つ姿は、凛々しくさえ見えます。

怪しいまでの 艶やかさに、通勤に急ぐ人も

ふと足を止めて、じっと見つめる。

嫌い と言う人もいるけれど・・・・・

人の心を捉えているのも事実です。

いろいろな意味を持つ花ですが、美しい事に変わりはありません。


≪ 彼岸花 (ヒガンバナ)≫

Photo_20201001234407 
Photo_20201001234406





Photo_20201001234407 
Photo_20201001234405





Photo_20201001234407 
Photo_20201001234404





Photo_20201001234407 
Photo_20201001234403





Photo_20201001234407 
Photo_20201001234402




Photo_20201001234401


今日は、中秋の名月です。

朝のうちは 小雨がふり、見えないかも・・・と。

予報士さんが、『 夜は晴れそうだ 』との言葉を信じ・・・

空を見上げると、、、明るい!!

撮れて 良かったぁ~ !(^^)!

Photo_20201001234408 
2020_20201001234302





Photo_20201001234408 
2020_20201001234301





Photo_20201001234408 
2020





Photo_20201001235201


ポチッとよろしく!




« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »