2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 〝秋田ハチ公″ という名の ダリア | トップページ | 秋の庭に、可愛いお客さん »

2020年10月31日 (土)

収穫祭 と ブルームーン






10月31日。

コロナウイルス に振り回されているうちに、

月日は 慌ただしく過ぎてゆく。

今日はハロウィンだけれど、イベントはどこも中止。

収穫祭と言えば、ハロウィン のイメージが強いですが、

日本での収穫祭は、古くから様々な形で行われてきました。

例えば、、、、

愛知県の、「 抜き穂祭り 」。

山口県の、「 稲穂祭り 」( 狐の嫁入り)。

岐阜県の、「 どぶろく祭り 」。

秋田県の、「 雪中田植え 」(小正月行事) などなど。

ハロウィン に並べられるのは、宮中祭祀である新嘗祭と神嘗祭です。

歴史ある収穫祭のうち、この2つの祭りは、

数ある収穫祭の中でも、一線を画します。

日本の収穫祭は、大騒ぎせずに、収穫の喜びと感謝を、

祈りを込めた行事になっているのですね。


今年は少ないけれど、街中で見つけた、ハロウィンの飾りつけ。

8_20201031210201 
2020_20201031210402





8_20201031210201 
2020_20201031210401





 

はなちゃんの、収穫祭。

懐かしい写真を見つけました。 (はなちゃんは、今 空にいます)

8_20201031210201 
2020_20201031210101





10月のニャン。

私の大好きな、絵師 : 村松 誠さん の 猫さんです。

ニャン の収穫祭。  猫も肥ゆる秋 ((´ `*)) 




Photo_20201031210101





ハロウィン のアニメを作りました。

Ps202065
                    Hana-2_20201031210101 画像の中で、クリックしてください。



Photo_20201031211301




今夜は 満月ですね。

ブルームーン と言うそうです。

4月には、スーパームーン がありましたよね。

一年のうちで、最も大きな満月でした。

そして、

ブルームーン というのは、最も地球から遠い満月で、

今年最少の満月なのだそうです。

数年に一度しか訪れない、希少な現象で、

今回を逃すと、次は 2023年だそうですよ。

晴れて良かった!!

ハロウィン と 満月が、同じ日になるのは、46年ぶりだそうです。


二階の窓から夜空を見上げると、、、、

月の右上に、赤く輝く大きな星が見えます。

何の星   火星でしょうか (星には疎い私なので、違うかも・・・)

Photo_20201031211302 
1031_20201031211201





Photo_20201031211302 
1031_20201031214001





Photo_20201031212301


ポチッとよろしく!






 


 

« 〝秋田ハチ公″ という名の ダリア | トップページ | 秋の庭に、可愛いお客さん »

画像遊び、あれこれ」カテゴリの記事

今日は○○ネ」カテゴリの記事

自然と空」カテゴリの記事

コメント

ハロウィン、スーパーの飾りつけを見たくらいです^^;
コロナ禍で行動範囲が狭くなったせいもありますよね^^;

はなちゃんの収穫祭、にぎやかで可愛いです♡
お空で楽しんでることでしょう♪^^

アニメが何とも良い感じ♪^^
ステキ!

🎃 すみれさん、コメント有難うございます。

ハロウィンの集会は、どこも中止になっています。
街中の飾りつけも、遠慮がちにこじんまりでした。
もともと外国の収穫を祝う、宗教的な行事で、
ちょっとしたご馳走を作って静かに過ごしたそうです。

はなちゃんにも、こんな写真があったなぁ~と思い出しました。
赤ちゃんだった はなちゃんと、生後2か月で家に着た時みぃは、
初対面でしたが、人間以外で初めて会った生き物同志で、
何の違和感も無く、一緒に遊び始めました。(目は離しませんでしたが)
アニメ、有難うございます。 もっと大きかったのですが、
UP するのが難しく、だんだんサイズが小さくなってしまいました。

きれいな大きな月でした・・・
こちらでは月の出は山からです。午後5時20分頃に大きな月・・・
感動しながらシャッター切りました。
我が家では昨夜の夕食は「かぼちゃ一色」でした。かぼちゃの天ぷら
煮物、美味しかったです。

🎃 でんでん大将さん、コメント有難うございます。

寒くなると月や星が美しく見えますね。
昨日の満月は、冴えてくっきりと見えました。
大将さんの方では、山から登り始めは、赤く輝く満月ですね。
空高く上がると、赤味が少し薄れてきます。
住宅地では、隣り近所の屋根が邪魔で、高く昇らないと見えません。
近くの赤い星は、やっぱり火星だと言うことでした。

カボチャ、美味しいですよね~。  うちは昨日カボチャの天ぷらでした。
残りは、甘辛の煮物にしようと思います。
秋田はずいぶん紅葉が進んでいますね。
塩害が無かったので、綺麗な色に染まっていますね。
こちらはイチョウもまだ緑の葉が多いし、モミジも12月初旬が盛りになります。

こんばんは!

ハロウィンは、バカ騒ぎするイメージがついてしまい
ましたが、本来は神聖な行事だったのでしょうね。
私はこういった洋モノ?は、そんなに力は入らない
ですが、和モノのお祭りはノスタルジーを感じてしま
うな。

日本にもいろいろな収穫のお祭りがあるんだねえ。
山口県の稲穂祭り(狐の嫁入り)が気になる~^^;
狐のお面でも被るのでしょうか? あの、狐のお面
欲しいものリストに入っております(笑)

ブルームーン、撮りましたね。 私も狙っていました
が、月の出には間に合わずに残念。
でも、キレイな月夜となりました。 やはり月はいい
ですね。 月が無かったら、夜空は星の光の点ばかり
になっちゃうからねえ。
一度見てみたいものです。

ps・・・

あ、コメントの最後に『一度見てみたいものです』なんて
あるけど、これは稲穂祭りを見てみたいという意味で、
文字が一番下にいってしまいました。

失礼^^;

🎃 たろさん、コメント有難うございます。

こんにちは♪
ハロウィン発祥の地では、秋の実りを感謝する宗教的な行事で、
家族でささやかなご馳走を囲み、静かに過ごすのだそうです。
なぜ日本で、派手な仮想をして、街中に集まり、大騒ぎするのか??

山口県の『 狐の嫁入り』は、稲穂祭りの催しの一つです。
私は、テレビで何度も見ていて、面白いナ・・と印象に残っています。
主役は、白狐の新郎新婦で、仲良く並んで人力車に揺られ、
後ろに、紋付き袴姿の親族やお供が続きます。
狐の面をかぶった嫁入りの行列が、下松市の旧街道を華やかに
練り歩きます。
毎年11月3日に、五穀豊穣を祝い、実りの秋を感謝するお祭りです。
たろさんも、テレビなどで見た事があるかも・・・ですよ。

もう一つ知っているのは、姫島の『 キツネ踊り 』です。
子供が顔を白く塗り、ヒゲなどを描き、白ずくめの衣装で
キツネの仕草をまねた、ユーモラスな踊りを繰り広げます。
これもテレビで、何度も見ていて、楽しいお祭りだなぁ~と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 〝秋田ハチ公″ という名の ダリア | トップページ | 秋の庭に、可愛いお客さん »