2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月27日 (土)

旅立ち近し? オカヨシガモ





ある 暖かい日の、遊水池。

カモ達が、の~んびり 過ごしている。

明るい陽ざしは、春を感じさせ、

一羽が羽ばたくと、次々と始まる。。。。。

パタパタ、パタパタ、、、、、

水面に、黄色い足をのぞかせて、大きな羽ばたき。

もうすぐ旅立つのだろうか 

静かな池の中に、羽ばたきの音だけが響く。。。。。


≪ オカヨシガモ ≫

5_20210227204701 
Photo_20210227204705



5_20210227204701 
Photo_20210227204704



5_20210227204701 
Photo_20210227204703



5_20210227204701 
Photo_20210227204702



5_20210227204701 
Photo_20210227204701



5_20210227204701 
Photo_20210227204603



5_20210227204701 
7_20210227204601



5_20210227204701 
Photo_20210227204602



5_20210227204701 
Photo_20210227204601



4_20210227205001



Photo_20210227205002



Photo_20210227205001




2021年2月23日 (火)

ふわふわ銀ネズ産毛の、ネコヤナギ





触ると、つるつる すべすべ、

猫のしっぽ を思わせる愛らしい花 。

川辺に自生し、春の訪れを知らせてくれる ネコヤナギ

枝ぶりが美しく、風流さを買われ、

華道の花材としても、よく利用されています。


≪ 猫柳 (ネコヤナギ)≫

 春先に、葉に先駆けて、花穂が枝に付き、

 花びらは無く、ユニークな特徴の花です。

5png_20210223212001 
Photo_20210223212006



5png_20210223212001 
Photo_20210223212005



5png_20210223212001 
Photo_20210223212004



5png_20210223212001 
Photo_20210223212003



5png_20210223212001 
Photo_20210223212002



5png_20210223212001 
Jpg_20210223212001



5png_20210223212001 
Photo_20210223212001


5png_20210223212401


2月22日は 猫の日。

とても美しい朝焼けです。

早起きの みぃ は、二階の窓から空を眺めるのが好きでした。

ニャン、ニャンの日なので、みぃ の写真を付け加えて見ました。


Ape_20210223211901
                   Hana-2_20210223212801 画像の中で、クリックしてください。




Photo_20210223212901




2021年2月18日 (木)

三年目の春、大輪の梅が咲く





猫の みぃ が亡くなった時に植えた梅が咲いた。

三年目の春。

小さな樹の割には、大きめの花が咲く。

みぃ の命日より、1か月程早くに、蕾がほころぶ。

毎年、微妙に花の色が変わるのが面白い。

昨年は、白とピンクが混じり合って、可愛らしい花でした。

今年は、白いが 大きな花が咲いている。

咲き進むにつれ、花びらにピンクが少し出てきた。。。。。


≪ 梅 (思いのまま) ≫

8_20210218235201 
Photo_20210218235203



8_20210218235201 
Photo_20210218235202



8_20210218235201 
Photo_20210218235201



8_20210218235201 
Photo_20210218235105



8_20210218235201 
Photo_20210218235104



8_20210218235201 
Photo_20210218235103



8_20210218235201 
Photo_20210218235102



Png_20210218235101


Photo_20210218235101



Photo_20210218235301





2021年2月14日 (日)

真っ赤な クルクル、開くと 真っ白♪





今日は 暖かい。

庭には、春のような陽ざし。

久しぶりに、きらきら と明るい庭。

この時期、いつも しぼんだままの オキザリス が、

嬉しそうに開いた ლ()ლ

今日は、四月の陽気だそうな。

・・・この後に来る 寒波が怖い ●~*


≪ オキザリス・パーシーカラー ≫

朝は、まだ しぼんだまま。
Emo_heart16png_20210214161601 
Photo_20210214161608



眩しい程の陽がさすと・・・
Emo_heart16png_20210214161601 
Photo_20210214161607



Emo_heart16png_20210214161601 
Photo_20210214161606



開花 !!  空を見上げて、喜び いっぱい !!
Emo_heart16png_20210214161601 
Photo_20210214161605



Emo_heart16png_20210214161601 
Photo_20210214161604



Emo_heart16png_20210214161601 
Photo_20210214161603



午後の陽ざしが、ゆっくり移動して行くと・・・
Emo_heart16png_20210214161601 
Photo_20210214161602



ほのかな夕陽の中で、静かにしぼみ始める。
Emo_heart16png_20210214161601 
Photo_20210214161601
明日は 雨の予報。 オキザリスは 咲けない。。。。。




Photo_20210214162402




Ps_20210214162401

 

                    Hana-2_20210214162401 画像の中で、クリックしてください。



Photo_20210214162401



 

 



 

2021年2月10日 (水)

遊水池で憩う、水鳥たち





買物帰りに、街はずれの遊水池に寄ってみました。

人影は無く、ひっそりと静か。

水鳥たちが、ゆったりと泳いで、、、時間が止まったようです。

カモさん達が一番多い。

1_20210210221601 
Photo_20210210221604


ぼんやり眺めていると、頭上を何か黒いものがスーーっと・・・

カワウ が一羽。

大きな ヤナギ の樹の天辺に止まりましたよ。

1_20210210221601 
Photo_20210210221603


池の小島には、背高の太い ヤナギ が一本。

その根元で、カモさんが休憩中。

1_20210210221601 
Photo_20210210221602


カワウ は、ヤナギ の天辺から、池に ドボン!!

泳ぎ始めました。

1_20210210221601 
Photo_20210210221601


しばらく泳いだ後、池の端の人口島に上がる。。。体は、ずぶ濡れ。

島の周りには、枯れたアシが残っていて、

風よけになっているのかもしれません。

カワウ は、濡れた羽を 繕い始めましたが、さすがに 寒そうです。

1_20210210221601 
Photo_20210210221505



1_20210210221601 
Photo_20210210221504


太陽に背を向け、翼を大きく広げ、陽を浴びています。

カワウ が 意外と大きくて びっくり !! 

1_20210210221601 
Photo_20210210221503



1_20210210221601 
Photo_20210210221502


鳥たちを見ているうちに、体が冷え切ってしまったので、

帰ろうと、池の出口に向かうと、変わった鳥に出逢いました。

体の色は地味なのに、クチバシは真っ赤で、

鮮やかな黄色の足が、よく目立ちます。

他の池では見かけない、バン と言う鳥。

コンクリートの小さな坂を下りれば、水に触れるような場所です。

すぐ近くで見下ろしているのに、全く気にしていない様子。

1_20210210221601 
Photo_20210210221501


4_20210210224001


B11




Photo_20210210224001




2021年2月 6日 (土)

陽だまりの中で、冬スミレ





庭の鉢植えの中で、白花スミレ が、

ぽつりぽつりと咲いています。

タチツボスミレ や アツバスミレ などは、

春にならないと芽吹いて来ませんが、

この 白花スミレは、真冬でも 雪を被っても、

緑の葉は 枯れることなく 残っています。

気温が 10℃位になると、葉の中から 蕾が顔を出し、

陽射しの中で 開花します。

今日の気温は 15℃の予想です。

朝には葉の中に、小さな蕾が見え、陽が当たると 咲き始めました。


≪ 白花スミレ ≫

Png_20210205221001 
Photo_20210205221008



Png_20210205221001 
Photo_20210205221007



Png_20210205221001 
Photo_20210205221006



Png_20210205221001 
Photo_20210205221005



Png_20210205221001 
Photo_20210205221004


昨年の花後に、タネが飛んだのでしょう。

シシリンチウム (庭石菖)の鉢の中で咲いています。

Png_20210205221001 
Photo_20210205221003


こちらは、姫ウツギ の鉢の中。

Png_20210205221001 
Photo_20210205221002
スミレのタネが弾け飛んで、あちこちの花鉢や地面にも顔を出し、

他の花たちと一緒に生育しています。




Photo_20210205221001

二階の窓辺の、≪ 金のなる木 ≫ に、花が咲いていました。

Png_20210205221001 
Photo_20210205221601



Photo_20210205221602






2021年2月 2日 (火)

あの子はどうしたの? 新入りヒヨさん





朝の庭に 霜柱。

常緑樹の葉も、さすがに しなだれています。

陽が射しこむと、緊張が緩むかのように

葉が のびのびと広がって、私も ほっ!! です。

冷え込みの強い中で、一番元気なのは、ハボタン

本当に 寒さに強いんですね~


≪ 葉牡丹 (ハボタン)≫

W10_20210202225601 
Photo_20210202225605



W10_20210202225601 
Photo_20210202225604



W10_20210202225601 
Photo_20210202225603



W10_20210202225601 
Photo_20210202225602



W10_20210202225601 
Photo_20210202225601


2_20210202225601


『 どうしたの あの子が来ない 』と気になっていましたが、

最近 ヒヨさんが 庭に。

あの子が いつも止まっていた、マキ の枝に。

でも、よ~く見ると、あの子とは違うようです。

あの子は、キジバト を追い払って、エサを食べる程の

強くて、大食漢で、ヤンチャな ヒヨドリ でした。

毎年 庭に来ては、千両、万両の赤い実を、

あっと言う間に 食べつくす程、木の実が好きでした。

最近やって来たのは、まだ若いヒヨさんです。

お行儀よく、キジバトやスズメ達と、順番待ちをしています。

それに、千両も万両の実も 残ったままです。

あの子の定位置に、新入りのヒヨさんが止まっています。

もしかしたら、、、、あの子とは親子かも・・・??

勝手に想いを巡らせている私です。。。。。


5_20210202231401 
Photo_20210202231401



5_20210202231401 
Photo_20210202231303



5_20210202231401 
Photo_20210202231302



5_20210202231401 
Photo_20210202231301


7~8年 来ていた ヒヨドリ のあの子が、いつも止まっていた マキ の枝。

樹皮が向けて傷ついている 同じ場所に、新入りの ヒヨさん が止まっています。

向こうに見えるのは、真っ赤に染まりきれない、南天の葉。(今年はどうしたのでしょうネ



Photo_20210202232001








 

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »