2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月30日 (日)

神秘の花木:カラタネオガタマ





庭の花を見ているうちに、、、、、

そろそろ、あの花が咲く頃では・・・ と気づき、

山間の公園に行ってみる事にした 。

森林に囲まれた、静かな公園。

7_20210530221001
Photo_20210530220909




入り口から奥へ、奥へと進むと、大きな樹が見えて来た。

まだ10メートルも手前なのに、甘い香りが届いて来る。

近づくと、全身が甘い香りに包まれてしまった。

7_20210530221001
Photo_20210530220908




≪ 唐種招霊 (カラタネオガタマ) ≫

中国原産。 モクレン科。 常緑小高木。 樹高 4メートル。

枝や葉柄に、褐色の毛が密生し、5月頃に、半開状の花が咲きます。

花は、直径3センチと小さいが、甘い強い香りがするのが特徴。

甘い香りは、バナナの香りにも似ているので、

≪ バナナブッシュ ≫≪ バナナツリー ≫ と呼ばれますが、

実際は、バナナよりも、もっと爽やかで、甘い香りです。

厳かな感じのする名前ですが、『 招霊の木 (オガタマノキ)』とされ、

神社仏閣に植えられていたのが、名前の由来だそうです。

7_20210530221001
Photo_20210530220907



7_20210530221001
Photo_20210530220906



7_20210530221001
Photo_20210530220905



7_20210530221001
Photo_20210530220904



7_20210530221001
Photo_20210530220903



7_20210530221001
Photo_20210530220902



7_20210530221001
Photo_20210530220901

香りに包まれて、心地よく、ゆったりした気持ちになりましたよ~ (*´˘`*)

リラックス効果があったようです。



Q6ps
                     Hana-2_20210530221601画像の中で、クリックしてください。






Photo_20210530221701








2021年5月23日 (日)

ビロードのような・・・スイセンノウ





イチョウ並木のイチョウの根元に、

ビロードのような質感の、可憐な花がたくさん咲いている。

花が赤くて、酔っているように見えるので、酔仙翁

紅紫色の花が多いが、白やピンク色もある。

葉も茎も、柔らかい白毛で覆われている。

こぼれタネからも花が咲く、丈夫な植物。


≪ 酔仙翁 (スイセンノウ) ≫

8_20210523212201
Photo_20210523212207



8_20210523212201
Photo_20210523212206



8_20210523212201
Photo_20210523212205



8_20210523212201
Photo_20210523212204



8_20210523212201
Photo_20210523212203



8_20210523212201
Photo_20210523212202



3png_20210523212201



 

≪ 翁草 (オキナグサ) ≫

春に咲いていた、オキナグサ

今は、、、おもしろい姿になっている。

お爺さんの、白髪を思わせるので、翁草

花もいいけれど、花後の姿がとてもユニーク (´ ` )

8_20210523212201
Photo_20210523212201



アニメにしてみました。

Ps95
                   Hana-2_20210523213001画像の中で、クリックしてください。




Photo_20210523213001





 

2021年5月18日 (火)

草むらの中で、カラスノエンドウ





家の近くの 空き地。

一面、緑色の草茫々。

そんな中に、うす紅色の 小さな花が、そこここに。

カラスノエンドウ や、アカツメクサ

花の形が 可愛いので、撮ってみた。


≪ 烏野豌豆 ≫

6_20210518215101
Photo_20210518215008



6_20210518215101
Photo_20210518215007



6_20210518215101
Photo_20210518215006



6_20210518215101
Photo_20210518215005



6_20210518215101
Photo_20210518215004



草藪をよく見ると、カラスノエンドウ の実が生っていた。

絹サヤを細くしたような形です。

6_20210518215101
Photo_20210518215003



6_20210518215101
Photo_20210518215002



Photo_20210518215001



同じ草むらの中には、アカツメクサ の花も。

まァ~るい、ポンポン咲き。


≪ 紅詰め草 ≫

Ape_20210518214801                     Hana-2_20210518220201画像の中で、クリックしてください。




Photo_20210518220201





2021年5月13日 (木)

雨ニモマケズ、鮮やか シシリンチウム





今日は、一日中 しとしと雨降り。

梅雨の走り だそうです。

最近、曇りや 雨の日が多い。

沖縄と鹿児島が 梅雨入りしたので、

関東地方も、早いかもしれない。

雨の中で、小さな 鮮やかブルーの花がたくさん咲いている。


≪ シシリンチウム (庭石菖)≫

W08png
Photo_20210513214308



W08png
Photo_20210513214307



W08png
Photo_20210513214306



W08png
Photo_20210513214305



W08png
Photo_20210513214304



W08png
Photo_20210513214303



W08png
Photo_20210513214302



明日は、貴重な晴れの日。

晴れた日の、シシリンチウム は、

目の覚めるような、ブルーの花。

W08png
Photo_20210513214301



2png_20210513215501



雨に濡れ、風に揺れながら、蔓の先にぶら下っている ツルニチニチソウ

20200115-012




Photo_20210513214801





2021年5月 9日 (日)

アヤメ? ハナショウブ? いいえ、イチハツ です





近くの公園を通りかかると、

ツツジ の垣根の向こうに、アヤメ に似た花が咲いている。

紫の花色に惹かれて、近寄ってみた。

≪ イチハツ ≫ の花でした。

アヤメ科の花の中で、一番早く咲くので、

≪ 一初 ≫ と書いて、≪ イチハツ ≫

4月下旬から咲きだします。

アヤメ や、ハナショウブ と似てはいますが、ちょっと違います。

花弁の付け根に、網目模様があり、

花弁の付け根から 中央にかけて、トサカ状の白い、 もじゃもじゃが付いています。

この、もじゃもじゃ が付いているのは、イチハツ だけです。


≪ 一初 (イチハツ)≫

Pint
Photo_20210509224508



Pint
Photo_20210509224507



Pint
Photo_20210509224506



Pint
Photo_20210509224505



アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、同じように見えて、

少しずつ違います。


≪ アヤメ ≫

   乾いた所に咲く。   

   花弁の付け根に、網目模様がある。

Pint
Photo_20210509224504



≪ カキツバタ ≫

   水辺や、湿地に咲いている。

   花弁の付け根に、白い模様がある。

Pint 
Photo_20210509224503



≪ ハナショウブ ≫

   湿地に咲く。

   花弁の付け根に、黄色の模様がある。

Pint
Photo_20210509224502



Photo_20210509224501


イチハツ のすぐ傍に咲いていた、ピンクの花。

良い香りがするので、撮ってきました。


≪ 伊吹麝香草 (イブキジャコウソウ)≫

イブキジャコウソウ と言う名ですが、シソ科の極小低木です。

細い枝に、小さな葉を茂らせ、地を這うように広がっています。

触って見ると、より強い芳香がします。

Ps_20210509224501
                    Hana-2_20210509230501 画像の中で、クリックしてください。




Photo_20210509230501





2021年5月 5日 (水)

砂糖菓子のように愛らしい、イベリス





郵便ポストの横に掲げられた、鉢植えの イベリス

『 おはよう !! ご苦労様です 』

新聞配達さん、郵便配達さん に、感謝。

ひとつの株に、花をたくさん付けて 、

鉢からはみ出して、こんもりと。

甘い香りと花が、砂糖菓子のように愛らしい。


≪ イベリス (和名 トキワナズナ)≫

3_20210505222401
Photo_20210505222409



3_20210505222401
Photo_20210505222408



3_20210505222401
Photo_20210505222407



3_20210505222401
Photo_20210505222406



3_20210505222401
Photo_20210505222405



3_20210505222401
Photo_20210505222404



3_20210505222401
Photo_20210505222403



3_20210505222401
Photo_20210505222402



こちらは、オキザリス の鉢で咲いた イベリス

3_20210505222401
Photo_20210505222401



3png_20210505223701


Ps90_20210505223701
                     Hana-2_20210505223701画像の中で、クリックしてください。




Photo_20210505223701








2021年5月 1日 (土)

新緑の中で、燃える紅いモミジ





街中の保護緑地が、新緑に萌えている。

一面緑の中で、ひときわ鮮やかな、真っ赤なモミジ


Png_20210501222301
Photo_20210501222305



樹の下から見上げると、プロペラのような種子が沢山揺れている。

Png_20210501222301
Photo_20210501222304



Png_20210501222301
Photo_20210501222303



初夏なのに、燃えるモミジ 。 美しい !!

Png_20210501222301
Photo_20210501222302



Png_20210501222301
Photo_20210501222301


7p



若い緑の葉がすがすがしい、ヤマモミジ

モミジ 特有の、繊細な葉が 匂い立つように美しい。

その葉の付け根から、小さな赤い花が下向きに揺れている。

Photo_20210501223003
Photo_20210501223002



ヤマモミジ は、見あげる程の 大きな樹なのに、

赤い花は、とても小さい。

日頃は、何気なく見過ごしてしまうけれど、

よく見ると、、、、こんな可愛い花だったのネ ^^

Photo_20210501223003
Photo_20210501223001



Photo_20210501223003
Photo_20210501222902



Photo_20210501223003
Photo_20210501222901




Photo_20210501223401





« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »