2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月30日 (水)

里山に咲く花、シモツケ





里山の細い路を歩いていると、

あちこちで、シモツケ の花に出逢う。

咲いている場所によって、花色が微妙に違いようだけれど、

ふんわりと、優しくて 可愛らしい姿が印象的でした。

この花は、自然の中に咲いているのが、一番似合うと思います。


≪ 下野 (シモツケ) ≫

下野の国、現在の栃木県で、最初に発見されたので、シモツケ と名付けられた。


農家さんの、家の脇に咲いていた、紅花の シモツケ 。

沢山の 雄しべ が、ツンツン・・・可愛らしい花です。

1_20210630214301
Photo_20210630214302



1_20210630214301
Photo_20210630214301



1_20210630214301
Photo_20210630214207



大木の根元に寄り添って咲いていた、純白の シモツケ 。

周りの緑によく映え、清々しく 涼し気に感じます。

1_20210630214301
Photo_20210630214206



1_20210630214301
Photo_20210630214205



1_20210630214301
Photo_20210630214204



小さな川の近くに咲いていたのは、源平下野

一株から、白やピンク、濃い紅色の花を咲き分ける品種。

愛らしさと 賑やかさがあり、見るからに楽しいですね。

1_20210630214301
Photo_20210630214203



1_20210630214301
Photo_20210630214202



1_20210630214301
Photo_20210630214201



Photo_20210630215603



6月のニャン
               ฅ(・ﻌ・)ฅ 『 毎日 雨降りなのに、君は 楽しそうだネ 』

Photo_20210630215602




Photo_20210630215601





2021年6月24日 (木)

黄金色に輝いて、ビヨウヤナギ





買物帰りに、小学校近くの公園を眺めると、

奥の方で、妙に明るい花が咲いているのが 気になった。

急いで帰宅し、カメラを片手に公園へ。。。。。

輝くような黄色い花は、≪ ビヨウヤナギ ≫でした。


直径5センチほどの 黄金色の花を、枝先に数個ずつ咲かせています。

上向きに咲く花の中央から、金の糸のような 多数の雄しべが 突き出しているのが特徴。

多数の雄しべの長さは、花弁よりも長く、華麗な雰囲気をかもし出しています。

葉が、ヤナギ に似ているので、未央柳 (ビヨウヤナギ)と呼ばれるが

オトギリソウ科で、ヤナギ の仲間ではありません。


≪ 未央柳 (ビヨウヤナギ)≫

一か月前(5月20日)は、こんな蕾でした。
Miniflowerye_20210624224301
Photo_20210624224306



6月24日の、開花の様子。

Miniflowerye_20210624224301
Photo_20210624224305



Miniflowerye_20210624224301
Photo_20210624224304



Miniflowerye_20210624224301
Photo_20210624224303



Miniflowerye_20210624224301
Photo_20210624224302



Miniflowerye_20210624224301
Photo_20210624224301



Photo_20210624225401



公園の中には、この様な花も咲いていました。

≪ 波来草 (ナミキソウ)≫

Miniflowerpa_20210624225001
Photo_20210624224904



Miniflowerpa_20210624225001
Photo_20210624224903



Miniflowerpa_20210624225001
Photo_20210624224902




梅雨の晴れ間、輝くような花に逢えて、明るい気分になりました。

ナミキソウ は、素朴で目立ちませんが、とても可愛い花でした (´ ` )




Photo_20210624224901





2021年6月19日 (土)

バラは、バラは、気高く咲いて





梅雨に入る前の、ある日。

公園の バラ が、散り始めた・・・との話を聞き、

公園に行ってみる事にした。

大きな木々に囲まれた中の、静かな公園です。

不安な気持ちで出かけたのですが、、、、

まだ 美しく咲いていて 、思わず ニンマリ (*´`*)


≪ 薔薇 ≫

12_20210619222001
Photo_20210619221909



12_20210619222001Photo_20210619221908



12_20210619222001
Photo_20210619221907



12_20210619222001
Photo_20210619221906



12_20210619222001
Photo_20210619221905



12_20210619222001
Photo_20210619221904



12_20210619222001
Photo_20210619221903



12_20210619222001
Photo_20210619221902



12_20210619222001
Photo_20210619221901



12_20210619222001
Photo_20210619222103




たくさんの バラ の花の中に、ハマナス の花。

花色が何とも言えず、シックで落ち着いた色でした。

12_20210619222001
Photo_20210619222102





Photo_20210619222101



 





2021年6月15日 (火)

梅雨の日を涼し気に、ヤマユキソウ





関東もついに、梅雨入りした。

鬱陶しい日々が、長く続く。

少しでも 清々しい気分を 味わいたくて、

小さな白い花を、窓辺に置いてみた。

きゃしゃな茎の先に花を付け、鉢いっぱいに広がっている。

ちょっと 頼りなく、はかなげな花だけれど、

如何にも涼し気な様子を見ると、梅雨の鬱陶しさを、しばし忘れる。。。。。


≪ 山雪草 (アレナリア・モンタナ )≫

草丈 8cm 。 マット状に広がって咲く。

茎の先に、花径2cm 位の、白い五弁花を咲かせる。

ナデシコ科の多年草ですが、夏の暑さに弱く、一年草扱い。

1png_20210615223701 
Photo_20210615223606



1png_20210615223701 
Photo_20210615223605



1png_20210615223701 
Photo_20210615223604



1png_20210615223701 
Photo_20210615223603



1png_20210615223701 
Photo_20210615223602




Ape_20210615223601
                     Hana-2_20210615223601 画像の中で、クリックしてください。






Photo_20210615223601




 


2021年6月10日 (木)

梅雨は どこへ? 真夏日の ハナショウブ





梅雨は、、、

関東地方は、どうなってる 

九州~東海地方は、例年より早い梅雨入りだったので、

関東地方も・・・と思っていたが、

連日、真夏日が続いて、暑い !! 暑い !!

梅雨は、どこへ 


雨の季節と言えば、アジサイハナショウブ

公園の 菖蒲田に行ってみた。

真夏の陽気の中で、ハナショウブ が咲いている。

満開だ !!

咲いている様子を見ていると、、、、『 雨が、恋しいネ 』


≪ 花菖蒲 ≫

Png_20210610204501
Photo_20210610204508



Png_20210610204501
Photo_20210610204507



Png_20210610204501
Photo_20210610204506



Png_20210610204501
Photo_20210610204505



Png_20210610204501
Photo_20210610204504



Png_20210610204501
Photo_20210610204503



Png_20210610204501
Photo_20210610204502



Png_20210610204501
Photo_20210610204501



Png_20210610204501
700500_20210610204501



Png_20210610204501
Photo_20210610204703



Png_20210610204501
Photo_20210610204702



とても暑い菖蒲田ですが、色とりどりの ハナショウブ

元気で色よく、美しい競演を繰り広げていました。




Photo_20210610204701







2021年6月 4日 (金)

林の中で、ホタルブクロ





閉じ籠もり生活が長くなり、

最近、脚力が弱ってきた気がする。

久しぶりに、里山散歩。

川沿いの遊歩道を、川上に向かい、

散歩コースをはずれ、林の中を散策。

人は居ない。 鳥の声と、林の中を抜ける風の音。

茫々の草を踏みながら 歩くと、、、、

ホタルブクロ の花が、自然のままに咲いている。

どれも 草丈が小さめで、健気に見えた。


≪ 蛍袋 (ホタルブクロ) ≫

13_20210604222901
Photo_20210604222908



13_20210604222901
Photo_20210604222907



13_20210604222901
Photo_20210604222906



13_20210604222901
Photo_20210604222905



行く手の林の中から、原っぱが透けて見える。

少し明るくなった ここにも、ホタルブクロ

少し花色が濃い。

場所によって、花の色が 微妙に変わるようだ。


13_20210604222901
Photo_20210604222904



13_20210604222901
Photo_20210604222903



13_20210604222901
Photo_20210604222902



13_20210604222901
Photo_20210604222901



素朴で、小柄で、愛らしい自然の中の ホタルブクロ でした。







Photo_20210604222801







« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »