2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 朝陽を待ちわびる、ふくら雀 | トップページ | 騒がしい、やんちゃ坊主、キンクロハジロ »

2022年1月18日 (火)

木枯しにも、雪にも 負けず、フユサンゴ





木枯しが吹き、冷えて カラカラに乾いた庭で、

唯一 元気なのが、フユサンゴ

青い実、黄色い実、赤い実 。

暖かい日には、白い花も咲いて。。。。。

センリョウ、マンリョウの実は、鳥に食べられ、

一粒も残っていないけれど、

フユサンゴ の実だけは、誰も食べません。

真っ赤に実が熟すと、ポトリと地面に落ち、

春に、小さな芽を出します。


≪ 冬珊瑚 (フユサンゴ)≫

4_20220118220001
Photo_20220118220007



4_20220118220001
Photo_20220118220006



4_20220118220001
Photo_20220118220005



4_20220118220001
Photo_20220118220004



4_20220118220001
Photo_20220118220003



4_20220118220001
Photo_20220118220002



4_20220118220001
Photo_20220118220001



4p



早朝の庭で。

2_20220118215901




Photo_20220118220201





« 朝陽を待ちわびる、ふくら雀 | トップページ | 騒がしい、やんちゃ坊主、キンクロハジロ »

花ごころ」カテゴリの記事

自然と空」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

鮮やかな赤い実。 いつぞやも記事にしておりましたね。
でも、あの頃は夏の様子だったような・・・。

ころんとして美味しそうですが、確か有毒だったような。
でも、庭にあるとうっかりして口にしそうですね(;'∀')

花はナスに似ていますので(ナスは紫?)、ナスの仲間
のようです。
しかし、キレイな実です。 割ってみたら、中はどうなって
いるんでしょう?
おせーてー。

おはようございます。
お寒い日々の中、冬サンゴは鮮やかな色で
輝いてますね!
色も色々あるのですね?
小鳥さんが食べないのは毒があるのでしょうか?

こんばんわ・・・
例年アップして頂き、写真で観賞させてもらっています。
寒い冬にこうした色合いのあるものを観るのはホッとします。
ところでこのフユサンゴってミニトマトのようにも見えるのですが
「草」?「木」?・・・実が落ちて芽が出るようですから「草」なのかと
思うのですが・・・

🌼 たろさん、(* ^-^)ノこんばんわ♪
   コメント有難うございます。

はい、2年前の10月にUP しました。
よく 覚えていてくださいましたね。 有難うございます。
ナス科の小低木です。 花の形 そっくりですよね。
赤い実は、大きさも形も、ホオズキと瓜二つです (o^―^o)ニコ
ホオズキは子供の頃、中のタネを丁寧に出して、
キュー♪ とかビィ~♪ とか音を出して遊びましたよ。
若い方たちは、知らないかも・・・です。
フユサンゴの実も、中身はホオズキと同じで白い小さなタネが入ってます。
口に入れたら大変!!  大変ですよ。  有毒です。
私は口にこそ入れませんが、手で触ったり、スベスベ撫でたりします。
ホオズキと違うのは、実がむき出しで、観賞に値する事です。
寂しくなった庭で、ここだけは賑やかですლ(❛◡❛✿)ლ

🌼 マコママさん、(* ^-^)ノこんばんわ♪
   コメント有難うございます。

今日は、あまり陽も当たらず、とても寒かったですね。
庭の掃除をしたら、体の芯まで冷え切ってしまい、
風邪をひいた感じです。早く治さないと、コロナに
取りつかれたら大変です。

フユサンゴは、夏に花が咲き、秋に実が生り、
緑色の小さな実で、少しずつ大きくなりながら、黄色になり、
オレンジ色になり、冬には真っ赤に熟します。
ホオズキくらいの大きさで、そっくりですが
この実が有毒なので、気を付けなければなりません。
鳥も食べませんので、実がたくさん生っていて、
とても賑やかです。

🌼 でんでん大将さん、(* ^-^)ノこんばんわ♪
   コメント有難うございます。

庭には、普通の緑葉のフユサンゴと、白い斑入り葉の二種類があります。
以前に斑入りをUP し、2年前に緑葉の方をブログUP したと思います。
千両、万両、ソヨゴの赤い実は、全部食べられてしまうので、
フユサンゴだけが頼りです (o^^o)ふふっ♪

ミニトマトに似てますよね。  ナス科の小低木ですから、
草ではなく、木です。  枝は細くしなやかで草のようですが
幹は堅く木質です。  同じナス科のホオズキと花も実もそっくりです。
ホオズキの中身は赤いゼリー状に中に白いタネが沢山はいってますよね。
フユサンゴもまったく同じです。違うのは有毒だという事と、
ちょうちんのような袋がないことです。
鳥に子孫を増やして貰えないので、実が落ちると芽吹きます。
冬には貴重な存在です。食べなければ大丈夫。 私は触ったり撫でたりします^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝陽を待ちわびる、ふくら雀 | トップページ | 騒がしい、やんちゃ坊主、キンクロハジロ »