2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月

2022年3月27日 (日)

可愛さ 100% 、赤花アセビ





前回の記事は、白花アセビ でしたが、

同じお寺の境内には、赤花アセビ も満開になっています。

白花アセビは、手のひらからこぼれる程大きな花房で、

どこか気品さえも感じさせる美しさでした。

それに比べ、赤花アセビの なんと愛らしい事でしょうか。

壺型の 赤い花が、たくさん連なって咲いています。

山門を入ると、こんもりと形よく整ったアセビの樹が目に入ります。


Photo_20220327221110
Photo_20220327221109



Photo_20220327221110
Photo_20220327221108


今や、鈴なり状態。

紅系の花・・・紅花アセビ

淡いピンクの花・・・アケボノアセビ

濃い赤色の花・・・パッション

万葉集にも、その名が登場するほど、古くから愛されて来た花木。

開花期が長く、日陰でもよく育ちます。(花数は 少な目)


≪ 紅花馬酔木 (赤花アセビ)≫

Photo_20220327221110
Photo_20220327221107



Photo_20220327221110
Photo_20220327221106



Photo_20220327221110
Photo_20220327221105



少し離れた場所には、淡いピンクと白のぼかしのアセビ 。

Photo_20220327221110
Photo_20220327221104



Photo_20220327221110
Photo_20220327221103



Photo_20220327221110
Photo_20220327221102



Photo_20220327221110
Photo_20220327221101
なんと愛らしい花なんでしょ.·˖*·

見ているだけで、思わずにっこり(´ ` )

何時までも 見つめていたい・・・・(*˘˘*)..:*



2_20220327222401


庭に、お水を飲みに来た ヒヨドリ。

Photo_20220327222401




Photo_20220327222301




 




 

2022年3月23日 (水)

こぼれる程たくさん咲いた、アセビ の花





同じ町の、古いお寺。

境内のあちこちに、何本かまとまっている アセビ の木 。

昨日の雪には びっくりしたけれど、

アセビ の花が こぼれるように沢山咲いています。

壺型の小さな花を、房状に付けているので、意外と豪華に見えます。

アセビ の木には、それぞれ特徴があり、

房状の花の柄が、黄緑色や、僅かに赤いものがあり、

壺型の花も、ずんぐり丸い花や、少しスマートな物 、

花色も、白かったり、黄色っぽかったり、ピンクに見えるのもあります。


≪ 馬酔木 (アセビ)≫

  ツツジ科  常緑低木 開花期 : 2月下旬~4月上旬

  葉や茎には、有毒成分が含まれ、馬が食べると、

  毒に当たって、酔ったようにフラフラした足取りになるので、馬酔木 の名が付いた。

K14_20220323233301
Photo_20220323233207



K14_20220323233301
Photo_20220323233206



K14_20220323233301
Photo_20220323233205



K14_20220323233301
Photo_20220323233204



K14_20220323233301
Photo_20220323233203



K14_20220323233301
Photo_20220323233202



K14_20220323233301
Photo_20220323233201



6_20220323233201



買物への通り道で、アンズ の花が咲いているのを見つけました。

梅や、桜とも少し違う、可愛い花だったので、写真を撮って来ました。

Ape_20220323233201
                      Hana-2_20220323233801画像の中で、クリックしてください。





Photo_20220323233801





2022年3月18日 (金)

笑顔、笑顔の、パーシーカラー ♬





うちの庭も、春らしくなってきました。

オキザリス・パーシーカラー が満開

10年以上も前から、毎年よく咲いてくれる 可愛い子。

早朝から、空を見上げて、太陽の光を待っています。


≪ オキザリス・パーシーカラー ≫

6png_20220318213401 春の陽は 暖かく、とってもいい気持ち~

Photo_20220318213406



6png_20220318213401 雨の日、曇りの日、夜は、花が閉じるんです。

   閉じた時に見える、赤いらせん模様が美しい。

Photo_20220318213405



6png_20220318213401 朝陽が差してくると、ほら!! ゆっくり開いて・・・・

Photo_20220318213404



6png_20220318213401 そろり、そろり と開きます。

Photo_20220318213403



6png_20220318213401 お日様に、にっこり (❀ฺ´`)

Photo_20220318213402



6png_20220318213401 鉢から垂れても、お日様を見つめる。。。。。

Photo_20220318213401



6png_20220318213401 花びらの表面は 純白。 陽が当たると、更に眩しくなる。

Photo_20220318213303



6png_20220318213401 この位置から 撮るのがいいかも。。。。

Photo_20220318213302



6png_20220318213401 うちの庭のアイドル。 今日も 笑顔を振りまいてます。

Photo_20220318213301




Photo_20220318215601






2022年3月13日 (日)

冬枯れの林の中で、マンサク 満開 !!





里山散歩。

小川に沿って、砂利道を行く。

右手には 畑が広がっているが、作物は無い。

春植えの 準備だろうか

土は耕されて、ふかふかと暖かそうに見えます。

小川を挟んで、左手には 林が続いていて、

まだ 冬枯れの灰色の世界です。

その中に、陽を受けて 黄金色に輝く、1本の大きな樹。

近づくと、マンサク の花が満開になっています。

ここだけは 春真っ盛り。。。。。


≪ 金縷梅 (マンサク)≫

Photo_20220313225308
Photo_20220313225307



Photo_20220313225308
Photo_20220313225306



Photo_20220313225308
Photo_20220313225305



Photo_20220313225308
Photo_20220313225304



Photo_20220313225308
Photo_20220313225303



Photo_20220313225308
Photo_20220313225302



Photo_20220313225308
Photo_20220313225301



2_20220313225301



門扉の横で、花の代わりを務めてくれた、ハボタン

Ps_20220313225301
                     Hana-2_20220313225601画像中を クリックしてください。




Photo_20220313225601







2022年3月 9日 (水)

春一番、可憐な花の クロッカス





秋に植えた球根の中で、一番早く咲いたのが クロッカス

3月5日に、春一番が吹き、やっと春到来となりました。

頬を突き刺すような北風とは違って、生ぬるい強風が吹き荒れ、

砂ぼこりが舞い上り、スギ花粉も飛び、やがて黄砂も降って来ます。

ふと 庭の花壇を見ると、黄色の クロッカス が3輪咲いていた。

いつも、黄色の花が一番早く咲きます。

クロッカス が咲くと すぐ解るのです。

なぜか み~んな 上を向いて咲くから。。。。。

小さいながらも、存在感のある花ですね。

春の太陽が降り注ぐと、紫や白の花も咲きだしました。


≪ クロッカス ≫

   アヤメ科 球根植物 原産地 : 地中海沿岸地方

   品種が多く、花色が豊富  別名 ハナサフラン

Miniflowerpa_20220309224401
Photo_20220309224401



Miniflowerpa_20220309224401
Photo_20220309224306



Miniflowerpa_20220309224401
Photo_20220309224305



Miniflowerpa_20220309224401
Photo_20220309224304



Miniflowerpa_20220309224401
Photo_20220309224303



Miniflowerpa_20220309224401
Photo_20220309224302



Miniflowerpa_20220309224401
Photo_20220309224301



2ye



鉢植えの オキザリス・ニューイエロー

秋に咲いたのですが、また蕾が出てきました。

蕾は、黄色に赤の螺旋模様があります。

開花すると、黄色の花です。

Minifloweror_20220309225301
Photo_20220309225302



Minifloweror_20220309225301
1129-6
まだ 咲きませ~ん !! ლ(❛◡❛)ლ




Photo_20220309225301









2022年3月 3日 (木)

白梅に続け !! 紅梅も開花♪





3月1日に、近くの農家さんの、白梅を載せましたが、

本の少し遅れて、紅梅も咲いています。

今日は、『 桃の節句、ひな祭り 』ですね。

桃の花ではありませんが、可憐に咲いていた

紅梅を 載せたいと思います。

白梅の、清々しくて、毅然とした雰囲気とは、かなり違っています。

笑顔で 話しかけるような、愛らしさに溢れた 紅梅です。


4_20220303230801
Photo_20220303230801



4_20220303230801
Photo_20220303230705



4_20220303230801
Photo_20220303230704



4_20220303230801
Photo_20220303230703



4_20220303230801
Photo_20220303230702



4_20220303230801
Photo_20220303230701



何本も並んでいた 紅梅の樹の最後の所に、しだれ梅の樹が一本。

ピンク色の、優しい花が咲いていました。

4_20220303230801
Pi_20220303231205



4_20220303230801
Pi_20220303231204



4_20220303230801
Pi_20220303231203



4_20220303230801
Pi_20220303231202



4_20220303230801
Pi_20220303231201



2_20220303231301



今日は、ひな祭りですね 。

Ps_20220303231301
                    Hana-2_20220303231501画像の中で、クリックしてください。




Photo_20220303231301





2022年3月 1日 (火)

春の陽気到来!! 白梅 全開 !!





家から4~5分、とても近い所に、農家さんの畑が広がっています。

我が家は高台のてっ辺。

ちょっと歩くにも坂だらけ。

丘の斜面に張り付くように、住宅やマンションが急激に増えてきました。

そんな住宅地の中に、ポツンと農家さんの畑があります。

大きな梅畑。  その隣は 栗畑で、栗の木が30本ほど。

勿論、ネギや葉物野菜などもたくさん作られています。

梅畑脇の通路を通る度に、梅の開花を楽しみに待っていました。

3~4日前から、気温が10℃~12℃と、やっと二桁の気温になり、

白梅が少しほころび始め、、、、梅はやっぱり、『 春告げ花 』。

ほのかな香りの白梅を見て、春の訪れを実感しました。

7_20220228232801
Photo_20220228232808



7_20220228232801
Photo_20220228232807



更に、二日ほど前から、16℃~17℃ と、4月初めの陽気。

『 梅畑の白梅も、きっと・・・』。

カメラ片手に出かけると、、、『 わぉ!! 全開だぁ~!! 』。

7_20220228232801
Photo_20220228232806



7_20220228232801
Photo_20220228232805



7_20220228232801
Photo_20220228232804



7_20220228232801
Photo_20220228232803



梅畑の隣は 栗畑。

梅の花と、枯れたイガ栗との 取り合わせが面白い。

7_20220228232801
Photo_20220228232802



秋に落下したイガ栗は、誰にも拾われずに冬を越し、

梅の花と出会い、春の草の ハコベ や オオイヌノフグリ も芽吹いて

イガ栗に寄り添っているのが、目に留まった。

7_20220228232801
Photo_20220228232801



枝に残った イガ栗は、口が開き 実が地面に落ちて 転がっていて、

大きくなれなかった 薄っぺらの実だけが、イガにしがみついている。

7_20220228232801
Photo_20220228232701



畑で見かける、おじぃさん と、おばぁさん。

以前は、自家製の梅干しが作られ、

栗は、子供たちのおやつとなり、

正月のおせち料理にも使われた事でしょう。

今は、梅の実が生っても収穫する人は居ない。

今の子供たちは、栗をおやつとして 食べる事も無いのでしょう。

そう言えば、農家さんの庭の柿の木にも、実がずっと残っていましたっけ。。。。。



Photo_20220228235501



En145ll400300




Photo_20220228235401









« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »