2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 冬でも華やか、パーシーカラー | トップページ | ロウバイ香り、今年最小の満月 »

2023年2月 3日 (金)

和みのひと時、コサギ





バス通りを外れ、細い横道に入ると、

まったく違う世界が広がる。

冬枯れの茶色の風景の中に、竹林の緑が目を惹き、

川の両側には、人がやっとすれ違う程の 細い道が続く。

以前は、砂利がゴロゴロした土の道だったが、

最近、アスファルト舗装になり、泥んこ靴にならずに歩ける。

冬枯れの小径を、冷たい北風が吹き抜ける。

明日は 立春。

緑一色になる春が 待ち遠しい。。。。。。


3png_20230203203501 冬枯れの小路。

A1



3png_20230203203501  川を覗くと、水量は少ないが、勢いよく流れている。

A2



3png_20230203203501 緩やかな流れの中に、鯉がたくさん見えた。

A3_20230203203501



3png_20230203203501 陽射しが川底に届いて、気持ち良さそうな鯉たち。

   今日は、亀さんには逢えなかった。

A4



6_20230203204701
  更に 川上に向かうと、小鷺が一羽。

 深みにはまり、足を踏ん張っている。

A5



6_20230203204701  やっと、石の上に上がって来た。

A6



6_20230203204701 おっ!! 何か いるヨ !!

A7



6_20230203204701 小魚、捕れたァ~ .*¨*.¸¸ 

A8



6_20230203204701 あァ~ おいしかった 3png_20230203205301

A9

 

何時までも見ていたい ほっとするひと時。

この川では、コサギ、カルガモ、コガモ、カワウ などの水鳥が見られます。

散歩の足を止め、鳥たちの様子に見入る人達も ちらほら。。。。




                120145  1_20230203210701 2_20230203210701








Photo_20230203210901


 

 

« 冬でも華やか、パーシーカラー | トップページ | ロウバイ香り、今年最小の満月 »

コンデジが行く」カテゴリの記事

彩り、撮り、鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ・・・
このような閑静な場所があるのですね、こんな場所ならコサギのみならず
人間にとっても和む場所のようです・・・
この川は自然の川でしょうか、こんなに大きな鯉がいたりして、放流でも
しているのでしょうか。田舎よりも自然がたっぷりのように思います。

 苦・あれば・・・、鳥さん
今晩は~。

 そうですか、全く違う世界!!拝見しましたー。
そして、冬枯れの小路・アスファルトに・・。
 小砂利を堅く敷き詰めた・路でも・・・。
しかも川側に傾斜が・・・、これも行政が・・・。
 方策それぞれ・・・ですね(歩きやすい)。

 そして渓流?のような川。
魚たちも・・・も。
 川底の石に足を取られても、水の冷たさも・・目線は・・・。
小さいが・ゲット♪数取れれば腹は膨れる・・。

 そう、こうして眺めていると・・・、なせか落ち着きます。
生の営みも・・・。
 まだまだ一ヶ月、みんな・頑張ろうよ~!
人間も・ネ(天候の見極めも・・だよ!)。
また拝見させてくださ~い。
 


🐰 でんでん大将さん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

都心を離れ、終の棲家を探す時の条件が、自然が残る山に近い所。
最寄りの駅に急行電車が止まらない、小さな駅で、繁華街の無い住宅地。
不便は承知の上でしたが、、、、総合病院なし、救急病院もなし、
市役所は電車で2つ目の駅。駅前は原っぱの様だったけれど
10余年前から、スーパーが3軒、電化製品量販店、町の病院は次々に出来、
少し生活が便利になった頃、都心から移転して来る人多く、
たちまち我が家の周辺の空き地が、マンションや住宅地に。。。
慌てた市と住民から、自然を守れ、緑地を増やそう・・・緑化運動が盛ん。
丘陵地と街の境い目が我が家。  電車2駅で、都市化と緑化に様子が解れます。

集中豪雨になると、あの小川が溢れ、里山の田畑が洪水に。
鯉は、そのような時に 自然児になったのかもしれません。
おじいさんが、残った食パンを鯉に・・・ちょっと メタボになっています。

🐰 ヒロさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

東京の外れに、田舎よりも田舎の所が残っているんです。
高台のてっぺんから見渡すと、四方が山並みばかり。
東の山から日が昇るのが見えるのは、てっ辺だからこそ(笑´w`)

家の前のバス通りは、大型トラックやバス、車がばんばんで、
東京都の樹であるイチョウ並木は、結構広い メインストリート。
横道に入り、5~6分も歩くと、砂利がごろごろの泥んこ道でしたが、
今は塗装され、歩きやすいのですが、写真に撮ると味気ないですね。
普段は水の少ない川ですが、ゲリラ豪雨の後は大変!!
以前、丘陵地の森林に降った雨で大洪水が・・・駅前も住宅も浸水。
それで 塗装し、川にも少し手を入れたそうです(なるべく自然を残して)

春になると、一面緑。 お気に入りは「緑のトンネル」。
川縁には、農家さんが花木を植えたりして、楽しい小路です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬でも華やか、パーシーカラー | トップページ | ロウバイ香り、今年最小の満月 »