2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023年3月31日 (金)

わッ!! 小っちゃい!! ベビーチューリップ





チューリップ と言えば、春に咲く花の代名詞とも言えます。

花も葉もシンプルで美しく、世界中で人気があり、

現在では、5000を超える品種が あるそうです。

難点があるとすれば、翌年も綺麗に咲かせるのは、ちょっと難しい。

それに比べ、原種系チューリップは、何年も植えっぱなしで

咲かせることができます。

わが家の庭には 今まで、チューリップ を植えた事はありません。

昨秋、花屋さんの店先で 目に留まったのが ≪ ベビーチューリップ ≫

初めて購入してみました。

どのくらいの大きさになるかは、咲いてみないと解りません。

なので、ムスカリ と寄せ植えにしました。


≪ ベビーチューリップ ≫

   球根植物  開花期 : 3月~4月

   原種系チューリップで、小アジアから中近東、地中海沿岸にかけ自生する。

   暑さ 寒さに強く、厳しい環境にも耐える。


芽が出たと思ったら、もう蕾が・・・

3種植えた処、赤い花が一番早く咲きそうです。

13_20230331090101
Photo_20230331090108



少し遅れて 芽を出した黄色いベビーチューリップ。

やはり、蕾を付けています。

13_20230331090101
Photo_20230331090107



少し伸びて、開花しそうです。

13_20230331090101
Photo_20230331090106



赤い花も咲きましたが、、、、何と 小さい事。

13_20230331090101
Photo_20230331090105



丈が 8センチ程しかありませんが、目いっぱい 花びらを広げています。

13_20230331090101
Photo_20230331090104



赤系のもう一つの方は、全開せず より小さな姿でした。

13_20230331090101
Photo_20230331090103



ムスカリ と寄せ植えしましたので、花の大きさがよく解りますね。

ムスカリ の半分位で、成長は止まりました。

13_20230331090101
Photo_20230331090102



13_20230331090101
Photo_20230331090101

数日咲いて、花びらは ホロリと落ちてしまいました。

チューリップ 初体験。。。。。(´) 



     1p



大きな公園に行くと、沢山の品種のチューリップが植えられ、

毎年 見た事も無い、珍しい花が増えていますね。

名前は カタカナで、全部はとても覚えきれませんが、

華やかで 美しく、真っ直ぐに伸びる姿は、素直で気持ちが良いです。

13_20230331090101
Photo_20230331091802                                                                                                                                   昭和記念公園




Photo_20230331091801





2023年3月26日 (日)

遅れて咲いた、みぃの梅





3月8日、みぃの祥月命日でした。

一緒に過ごした 19年。

亡き後も みぃの気配を 毎日感じていたけれど、

5年が経ち、気持ちの整理も付き、

気配を感ずることはほとんど無くなったけれど、

たまに、2階に駆け上がる時のチリチリという

鈴の音が聞こえた気がすることも 。

みぃを懐かしく想い、写真を広げて見た。。。。。


リビングの庭に面した所が みぃの定位置。

2匹の野良ちゃんやトンボ、チョウ、スズメ達が来ると

目が釘付けになり、飽きずに見つめていた。

陽射しの無い日は、テーブルのみぃ専用のイスで昼寝。

気持ち良く眠っていると、いつも おもちゃにされる。

その辺にあるものを、みぃの頭に被せて楽しんだものでした。

『 眠いのに、もうイヤよ 』と両手で顔を隠して眠ってしまう みぃ。

私の方が 遊んでもらう事が多かったかもしれない。。。。みぃ、ありがとネ


Photo_20230326210405
Ape2023                       Png_20230326210501画像の中で、クリックしてください。



7_20230326210401



梅が満開になっているのを見ながら、毎日の点滴通院。

道路沿いの庭に、零れるように咲いた梅、梅、梅。。。。。

3月8日、みぃが亡くなり、葬儀が終わった数日後。

庭に、みぃの梅の樹を植える事にした。

30cm 程の小さな樹は、翌年 ほんの数輪、純白の花を咲かせた。

今年は、沢山の花を付け、ほんのりピンク色が混じった花でした。

梅の花はとっくに終わっているのに、みぃの梅は、2月末に蕾が膨らみ

3月初めにチラホラ咲きだし、命日の頃 満開になる。

毎年写真を撮って記録しているが、何故か遅れて開花する。

花を見ながら、みぃと会話が出来るのが嬉しい。。。。。


8_20230326214601
Photo_20230326210404



8_20230326214601
Photo_20230326210403



8_20230326214601
Photo_20230326210402



8_20230326214601
Photo_20230326210401



8_20230326214601
Photo_20230326210302



8_20230326214601
Photo_20230326210301




Photo_20230326214801









2023年3月22日 (水)

爽やかブルーの、ミニアイリス





昨日は、彼岸の中日でしたが、

今日は 何と初夏の陽気。

朝から暖かく、陽射しも強い。

庭の花達が 勢いよく、次々に開花しています。


≪ ミニアイリス : レティキュラータ ≫

   アヤメ科  球根植物  草丈 10cm

2png_20230322091101
Photo_20230322091007



2png_20230322091101
Photo_20230322091006



2png_20230322091101
Photo_20230322091005



2png_20230322091101
Photo_20230322091004



2png_20230322091101
Photo_20230322091003



2png_20230322091101
Photo_20230322091002



2png_20230322091101
Photo_20230322091001



Photo_20230322091101



早朝から 暖かい陽ざしが庭に降り注ぎ、

アケビ棚では、新芽が空に向かって伸び、

紫がかったピンクの花が、太い蔓から垂れて揺れています。


≪ 木通 (アケビ)≫

   アケビ科  蔓性落葉低木  日本各地の低山地に自生

1png_20230322091601
Photo_20230322091604



1png_20230322091601
Photo_20230322091603



1png_20230322091601
Photo_20230322091602




Photo_20230322091601





2023年3月17日 (金)

釣り鐘形の可愛い花、アセビ





2月に、梅林に梅を見に行った時に

梅林の隣に、沢山の アセビ の木があるのに気づきました。

梅より少し遅れて咲くので、行ってみたところ、

ちょうど、白や薄紅色の アセビ が満開になっています。


≪ 馬酔木 (アセビ)≫

   ツツジ科  常緑性低木  開花期 2月~4月

   釣り鐘形の可愛い花が連なって咲き、枝から吊り下がる。

   葉や茎に 有毒成分が含まれていて、馬が食べると 足がしびれ、

   酔ったようになる、という事から「しびれ」が「あせび」に変化し、名付けられた。


13_20230317161901
Photo_20230317161902



13_20230317161901
Photo_20230317160303



13_20230317161901
Photo_20230317161901



13_20230317161901
Photo_20230317160302



13_20230317161901
Photo_20230317160301



13_20230317161901
Jpg



13_20230317161901
Photo_20230317162204



13_20230317161901
Photo_20230317162203



13_20230317161901
Photo_20230317162202



13_20230317161901
Photo_20230317162201




Photo_20230317162301





2023年3月13日 (月)

黄色いポンポン、満開♪





里山散歩。

小川の横の細い路を行く。

路に沿って 畑が続く。

ネギ、ホウレンソウ などの緑が瑞々しい。

畑の周りは、冬枯れの雑木林。

その中に たった一本、花を咲かせている木が見えます。

近づいて見ると、ミツマタ の花でした。

ミツマタ は、山里に春の訪れを告げる 花でもあります。

黄色の花が、ポンポンのように丸く密集して咲き、

甘酸っぱいような香りがします。

ミツマタ は、花に見えるのは 愕であり、花びらはありません。

何だか 不思議な花です。


≪ 三椏 (ミツマタ)≫

   ジンチョウゲ科  落葉低木  原産地は、中国、ヒマラヤ  花期:2月~3月

   枝が必ず三つに分岐する特徴が、名前の由来。

   強い繊維質の樹皮は、和紙の原料として使われる。

Photo_20230313112309
Photo_20230313112308



Photo_20230313112309
Photo_20230313112307



Photo_20230313112309
Photo_20230313112306



Photo_20230313112309
Photo_20230313112305



Photo_20230313112309
Photo_20230313112304



Photo_20230313112309
Photo_20230313112303



Photo_20230313112309
Photo_20230313112302



Photo_20230313112301


林の中の落ち葉が、カサコソとかすかな音がする。

シジュウカラ が、落ち葉をかき分けながら、エサを探しています。

しばらく眺めていると、シジュウカラ が林を出て、

すぐ傍の小さな川に降りてきて、水浴びを始めました。

今日は 初夏のような暖かさなので、とても気持ち良さそうでした。


Ape_20230313112301                         Png_20230313114901画像の中で、クリックしてください。




Photo_20230313114901





2023年3月 7日 (火)

凛とした気品が魅力、リョクガクバイ





20℃ の日が続いて、、、

梅林は一気に満開になりました。

白梅、紅梅、そしてゆっくりと開花する 緑愕梅。


Photo_20230307224302



この公園には 珍しい梅があり、

口コミで 年々花見客が増えています。

≪  緑愕梅 (リョクガクバイ)≫

   バラ科 落葉高木

Miniflowergr_20230307224301
Photo_20230307224301



普通の白梅、紅梅は、愕が赤い 。

Miniflowergr_20230307224301
  0213-14   Dscn0610



緑愕梅は、額が緑色で、ふっくら真ん丸の蕾は一層緑色に見えます。

Miniflowergr_20230307224301
Photo_20230307224205



紅白梅が満開になる頃、ゆっくりと咲き始め、

開花すると 良い香りが漂い、清楚な花姿は、

凛とした気品があり、人気を集めています。

Miniflowergr_20230307224301
Photo_20230307224204



Miniflowergr_20230307224301
Photo_20230307224203



Miniflowergr_20230307224301
Photo_20230307224202


Miniflowergr_20230307224301
Photo_20230307224201



Miniflowergr_20230307224301
Photo_20230307225901



Miniflowergr_20230307224301
Photo_20230307225801

紅梅の愛らしさ、白梅の気高さ、緑愕梅の凛々しさ 。

ピンクの梅、ぼかしや絞りの梅などに囲まれ、

何とも幸せな気分でした。




Photo_20230307230601








 

2023年3月 3日 (金)

旅立ちを前に、キンクロハジロ の 運動会





春うららァ~~・・・

気温 20℃

丘の麓の遊水池。

冬の間、静かに寛いでいた水鳥たちが、

最近、活発に動き回っています。

キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、カルガモ、コガモ、アオサギ、などなど。。。

中でも一番活発で やんちゃなのが、キンクロハジロ 。

隊列を組んで泳いだり、水しぶきを上げて 四方に散らばったり。

バシャバシャと 水音をたて、忙しく動き回る。

何やら 始まりそうな気配。

旅立ち前の トレーニング だろうか

池の水音を聞きつけて、少しずつ集まって来た 老若男女 。

ついに、始まった !!


Bird1png_20230303220301
A1_20230303220301



一番先に騒ぎ出す者が 必ず居る。

Bird1png_20230303220301
A2_20230303220301



何時も大騒ぎするのは、この三羽・・・ ?? 「見分けは付かないが・・・(^^ゞ 

Bird1png_20230303220301
A3_20230303220301



遠巻きに見ていた コイ が捕まってしまった !!

Bird1png_20230303220301
A4_20230303220301



仲間を蹴散らし、走る、走る、、、、、、

Bird1png_20230303220301
A5_20230303220301



あっちへ、こっちへ、走る、走る 、、、、、

仲間たちが 心配気に、ザワザワ・・・・

Bird1png_20230303220301
A6_20230303220301



お―ッ!!  忍者か??  水面を走っておるヨ。

Bird1png_20230303220301 
A7_20230303220301



足がもつれたか  エッ !? 足つった??

思い切り、水の中に突っ込んだ、、、、仲間が駆け付ける。。。。

Bird1png_20230303220301 
A8_20230303220301



気が済んだのでしょうか

急に静かになり、

仲間たちも、ハラハラ、ドキドキでお疲れの様子。

Bird1png_20230303220301
A910



おや !! キンクロヤンキー君。

Bird1png_20230303220301
A10

見物人達からは、笑いが起こったり、時々拍手もあったり、

何時もは静かな池も、この日だけは、鳥も人も共に楽しみました。

春は別れの季節。 もうすぐ旅立ちです。 

晩秋に、また逢いましょうネ。



Photo_20230303222401





« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »