2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 遊歩道を占領、コデマリの花 | トップページ | 芳香ただよう、ニオイバンマツリ »

2023年5月26日 (金)

緑に映える、真っ赤なツツジ





山間の公園に ツツジ を訪ねた。

燃えるような真っ赤な ツツジ が満開 !!


≪ 躑躅 (ツツジ)≫

   ツツジ科  半常緑性低木  開花期 4月~6月

   「躑躅」と漢字で書きますが、「見る人が足を止める程美しい」という意味だそうです。

   日本では、古くから園芸品種がたくさん出ている。


林を抜けて、公園に入る前にも ツツジ が自然の姿で咲いていた。

6
0421



公園内の ツツジ 。

6
Photo_20230526000406



6
Photo_20230526000405



6
Photo_20230526000404



6
Photo_20230526000403



近くに白い ツツジ も満開。

6
Photo_20230526000402



6
Photo_20230526000401



クロマルハナバチ かな

6
Photo_20230526000302



足には 花粉ダンゴ。 体中花粉まみれ。

ふわふわ、むくむく で可愛い。

6
Photo_20230526000301



Photo_20230526001301



誕生したばかりの小雀達が賑やかです。

朝早くから、キンモクセイ の茂みを出たり、入ったり。。。。。

Ape202305
                               Png_20230526001001画像の中で、クリックしてください。




Photo_20230526001001






« 遊歩道を占領、コデマリの花 | トップページ | 芳香ただよう、ニオイバンマツリ »

花ごころ」カテゴリの記事

画像遊び、あれこれ」カテゴリの記事

マウスで描く」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

おお、満開ですね(*^-^*) こちらでも、あちこちに満開の
ツツジを見ることができます。
普段は目立たない低木だけど、この時ばかりは自己主
張がスゴイですね。

いろんな色があって、どれもキレイです。 子供の頃に、
この花を摘んで、根元を舐めて『甘い~』なんてやって
ましたが、感じ取れるほどの蜜を出しているんだなあ。

あと、実家の方に『躑躅ケ崎』というところがあって、
戦国時代の武田家(信玄ら)の居城跡がありましたよ。
やはり子供の頃に、そこに遊びにいきましたが、ツツジ
の漢字が読めない書けないでした。
難しい字だよね。

そんな子供の頃の記憶が蘇る、ツツジの花であります。

こんばんわ!
ツツジのきれいな時季ですね~
躑躅にはそのような意味があるとは知りませんでした。花も勿論良いのですが
俺は花のない、刈り込んだ姿も好きです。素人ながらそれを真似て、自分の
庭はまるく刈り込んでいます。

 まばゆいような♪
今晩は~。

 たとえ公園内の躑躅と言っても、山間の自然の中!
それにしてもこれ程までとは素晴らしい、そして見事な・・・。
何と形容したらいいんでしょうか♪
 ほんと・hanaさん幸せ~~。(また言っちゃった)・

 そして白花躑躅・スゴイ。
このような雰囲気は初めての拝見です。
それにしましてもこちらのお山、どうしてこんなに見事なんでしょうか。
花だけでは無く、いろんな植物たちも生き生きと・・・。
 これでは蜂さんたち、嬉しくてたまらないでしょうね~~。
 今回もありがとうございました。

 我が家の巣箱、スズメたちも来てくれないかな!!

🐰 たろさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

棚田が緑色に染まると、周りに咲いている
赤い花は、一段と美しく見えますね。
登山すると、山の中に ヤマツツジが咲いています。
緑に囲まれて登っているので、凄く綺麗に見えたり
ほっとして見惚れた物でした。
たろさんの近くの山の中にも、明るい色のツツジが
咲いているのでは・・・と想像していました。

躑躅ヶ崎館は、お城かと思いましたら、館(やかた)だったんですね。
ツツジの花とは関係なかったみたいだけど、「風林火山」の
旗印の方が有名ですね。

🐰 でんでん大将さん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

ツツジと言えば、やっぱり 大将さんのツツジが
頭に浮かびます。
色とりどり花が咲く時期も綺麗ですが、
花の無い時も、丸く刈られた姿が、とても美しいです。

高木や低木、特徴ある枝ぶりの多くの樹の中に、
丸く刈られた沢山のツツジが優雅なアクセントになっています。
全部揃って丸い形にするには、長い年月がかかります。
毎年丹念に刈り込んだ大将さんの傑作なのですよね。
まだまだ 新しいツツジが育っていますので、
そのうちに丸い形に作られていくのでしょうね。

🐰 ヒロさん、こんばんわ♪
   お疲れの処、コメント有難うございます。

林の中のツツジは、自由に伸び伸びと成長しています。
お世話もしていないので、枝が暴れていますが、
それも自然の姿なので、ツツジの気持ちが
表れているのかもしれません。

公園内の 赤いツツジの向こう側は、菖蒲田になっています。
5月末から咲き始め、6月いっぱい花菖蒲が咲いています。
今は、近所の人達の散歩コースで 静かですが、
花菖蒲の時季は、遠くからお客さんが集まって賑やかです。

5月は、子スズメの巣立ちの時で、エサ台に親に連れられて、
子スズメも。 口移しで食べさせてもらってますよ (๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

先日は名無しのコメントで失礼しました。

🐰 でんでん大将さん、大丈夫です ^^

文章の感じで 解りましたよ~v(´∀`*v)
わざわざすみませんでした。(*´﹀`*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遊歩道を占領、コデマリの花 | トップページ | 芳香ただよう、ニオイバンマツリ »