2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« レインボーフラワーと呼ばれる、ジャーマンアイリス | トップページ | 緑に映える、真っ赤なツツジ »

2023年5月22日 (月)

遊歩道を占領、コデマリの花





一番好きな 散歩コースは、川沿いの遊歩道。

川上に向かって、川の左側が 竹林や林が続き、

川の右側は、農家さん達の畑が 遠くの山裾まで続いている。

冬枯れの茶色や灰色の野山に 新緑があふれ、

緑一色になり、『 緑のトンンネル 』が復活した。


Photo_20230522110601


0422-4_20230522111001


トンネルを抜けて 遊歩道を行くと、

ふんわりと霞のように見える コデマリ の花。

白い花いっぱいの枝が垂れて、遊歩道を占領している。


≪ 小手毬 (コデマリ)≫

   バラ科  落葉低木  中国原産の帰化植物

   小さな花が丸く集まり、手毬のように咲くので、「小さな手毬」⇒「小手毬」になった。

 

3png_20230522111501
Photo_20230522110506



3png_20230522111501
Photo_20230522110504



振り返ると・・・・

3png_20230522111501
Photo_20230522110505



3png_20230522111501
Photo_20230522110503



3png_20230522111501
Photo_20230522110502



3png_20230522111501
Photo_20230522110501



3png_20230522111501
Photo_20230522112103



3png_20230522111501
Photo_20230522112102



3png_20230522111501
Photo_20230522112101







Photo_20230522112201







« レインボーフラワーと呼ばれる、ジャーマンアイリス | トップページ | 緑に映える、真っ赤なツツジ »

コンデジが行く」カテゴリの記事

花ごころ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
凄い!コデマリが遊歩道占領でも許されますね♡
好きなお花ですがこれほど咲いているのはお目にかかった事がありません!
素敵なお写真有り難うございました♡

こんばんわ!
花の名前、誰が考えたのか、名付けたのか・・・本当によく考えたものと納得しますね~
今般の「コデマリ」もなるほどと当然に納得です。
それにしても道に枝垂れる様は凄いですね~
我が家では先日、紹介したように八重咲のコデマリがあり、まだ頑張っています👏

こんばんは!

いつもの散歩道も、四季折々の変化があって楽しい
ですね(*^-^*)
人工物はまず変化がないけれど、植物たちは様々な
顔を見せてくれるからなあ。
やはり自然はすんばらしい!

うちの庭ではオオデマリが咲いていましたが、既に
散っています。 コデマリより咲く時期が早いようで
すね。

チュウデマリ(中手毬)はないのかな?

今夜から大雨・・・そして気温がぐんと下がる予報
ですが、なんだろねえ~。
こんな天候ばかりだと、この先不安になりますね。

🐰 マコママさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

川に沿っての遊歩道は、大好きな散歩コースで、
四季折々の 野の花や、川縁にも花々が咲き、
川の中も、コイや小魚、カモ、サギ、カワウなどなど
ゆっくりと色々な物を見ながら歩く、楽しいコースです。
農家さんの畑には、季節の野菜が育っていて、
「朝採り野菜」として、近くのスーパーに並びます。

春はツクシと菜の花、次にヤマブキが遊歩道に枝垂れていました。
桜のトンネルもあり、竹林には筍がニョキニョキ。 コデマリが終わると
山肌にヤマアジサイ、遊歩道際にムクゲ、と絶え間なく花が楽しめます。
3年間の籠り生活で、筋力が衰え、遠くまでは歩けなくなりました (´;ω;`)

🐰 でんでん大将さん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

本当に花の名前は楽しいですね。
可愛らしく捉えたり、そんな意味があったのかと合点がしたり、
中には、あまりにも可哀そうな名前や、花には迷惑な名前も。
オトギリソウのように恐いものもありますね。
誰が言い出したのでしょうね?

コデマリは、うちでは鉢植えにして、小さめに育てていますが
鞠のような花が、鉢いっぱいに咲いてくれます。
大将さんのお写真には、コデマリとオオデマリがありましたね。
オオデマリと石灯篭のコラボがなかなか素敵でした。
八重咲きのコデマリは、可愛らしい姿でしたね。
3種類も一緒に見れて、特徴の違いも解り、楽しかったです。

🐰 たろさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

下町育ちなのに、都会の喧騒が嫌で、便利さを捨てて、こちらに。
高齢者が多いので、夜はし~~ん。 夜遊びする店も無い。
夜、息子が様子を見に立ち寄ると、「近所にタヌミの親子」が
棲んでるね」と。  家へ立ち寄るといつもタヌキに逢うそうです。
歩いて2分の裏の公園というより 緑地に棲んでるのかな??
最近、隣の家に、親タヌキがエサを貰いに来ています(びっくり!! )
だけど、おサルは来ません。

チュウデマリはどうかなぁ~??   でも、コデマリよりも小さいのは
ありますよ。シジミバナとかエクボバナと言う八重咲きの白い花。
シジミバナを鉢植えにしたら、ある日 鉢ごと無くなってました ( つ•̀ω•́)つ

 ようやくPS使用可に・・。
今晩は~。

 そうですかコデマリ。
先ずは竹林、キレイに整備なされて・・・♪
これがナカナカ大変なんですよね~。
 そしてなんとまあ・緑のトンネル。
これだけでも癒やされるますよ。

 さあコデマリ。
こんなに沢山、初めての拝見♪圧倒されるー・・。
 この花はその昔、小学校の帰りにお隣の畑・道路近くに咲いていました。
良く手にとって、フワフワの感触を味わったものです。
 ♪最後の写真、ここまでキレイに・・・。
そしてここまでアップ・眺めたことはありませんでした~。

🐰 ヒロさん、こんばんわ♪
   お帰りなさ~い !!

お帰り早々、コメントを戴き、有難うございます。
緑のトンネルは、散歩コースの中でも、一番好きな場所です。
真夏でも、ここにたたずむと、日陰になり、風が通り抜けて
汗が引く程の涼しさです。
トンネルを抜けると、里山に向かう小路が続き、
川の両側が、細い遊歩道になっています。
そこに咲いていたのが コデマリ。
10メートル位、ずっと小路を占領して歩きにくいのですが、
誰も文句は言いません。 かき分けながら歩いています(✿´ ꒳ ` )

そうですよね~(*´˘`*)  柔らかくて フワフワの丸い花が、気持ちが良いですね。
アップにすると、小さな花が沢山集まって真ん丸になっているのが よく解ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レインボーフラワーと呼ばれる、ジャーマンアイリス | トップページ | 緑に映える、真っ赤なツツジ »