2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« ジャスミンにあらず、カロライナジャスミン | トップページ | 怪奇で不気味だが 強印象、ムサシアブミ »

2023年5月 5日 (金)

林の中に シャガ群生





里山の 林の中。

新緑の中を、爽やかな風が吹き抜けて行く。


0623-6700500_20230505224001



山の斜面を下ったくぼ地に、シャガ の群生を見つけました。


Photo_20230505224001



陽の光も辿り着かないような、薄暗い中で、

たくさんの 白い花が、蝶の群れのようにも見えます。


Photo_20230505223903



≪ 著莪 (シャガ)≫

   アヤメ科  常緑多年草  中国原産  花色 : 白、青  別名 : 胡蝶花(こちょうか)

2_20230505224001
Photo_20230505223902



2_20230505224001
Photo_20230505223901



2_20230505224001
Photo_20230505223804



2_20230505224001
Photo_20230505223803



2_20230505224001
Photo_20230505223802



2_20230505224001
Photo_20230505223801



Photo_20230505225202



子供の日 Kikyu01_s


Ps_20230505225201
                                 Png_20230505225201画像の中で、クリックしてください。





Photo_20230505225201





« ジャスミンにあらず、カロライナジャスミン | トップページ | 怪奇で不気味だが 強印象、ムサシアブミ »

コンデジが行く」カテゴリの記事

花ごころ」カテゴリの記事

画像遊び、あれこれ」カテゴリの記事

マウスで描く」カテゴリの記事

コメント

お早うございます・・・
凄い群生のシャガですね~勢いがある花なので。こうしてどんどんと
ふえるのですね。
我が家でも引き抜いたりしないと、庭にあふれて来ます。きれいな花
ですが、仕方ありません。根を浮かしながらも、日当たりの有無なく
範囲を広げています・・・

 おはようございます。

 先ず、やっぱり・いいですね~。
一枚目から新緑の中・・・、ベンチがあったら・何も考えずポカ~ンとしていたい。
都会の喧噪から解き放たれて・・・、む・ム・無・夢の中に・・・。

そして、何とシャガ♪ 何ともいえませんね~。
確かに林間の窪地では湿気がありますね。
それにしてもスゴイっ。
 こちらも地元の方々が、さりげなく育てられたのでしょうか。
周りにはアジサイやツツジなどもあるような・・・。
 
 !柏餅・大好きッ。

🐰 でんでん大将さん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

うちは高台のてっぺんなので、絶えず空気の流れがあり、
庭は何時も乾燥気味です。
今日は、3回も水撒きしましたが、夕方には乾ききっています。
あの強健なシャガには嫌われたようで、育ちません。
山の斜面の窪地は、日陰で湿気があり、この辺りで、
大将さんの大嫌いな、長い奴に2度も出逢いましたよ。
私の足音に驚いたのか、遠のいていきましたが
2メートル程離れていても、ドッキリ!! でした。
あちらが主で、私が侵入者ですから、『ごめんネ』でした(^_^;)
大将さんのお庭は、とても広くて、陽当たり、日陰もあり、
色々な植物に合わせられます。 シャガには 天国でしょうね。

🐰 ヒロさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

この辺りは、丘陵地の中の林で、市が管理しています。
この山の頂上は、『 尾根林道ハイキングコース 』になっていて、
子供や若者だけでなく、高齢者の『 歩け歩けコース 』にも
なっています。寝たきり防止の為に、考えられたようです。
その他、『梅の郷コース』や、『春の野草めぐりコース 』などあります。
集団行動は安心で参加しやすいですが、私は苦手・・・?
野鳥が集まってる・・・とか、あの辺に何か花が咲いてるよ~(*´˘`*)
気になる所へ、自由にあちこち動き回りたいのが、私のクセでして、、、
そんな事で 発見したのが、「ムサシノアブミ」や「キンラン」、「フユノハナワラビ」など。
キンランは、この丘陵地では絶滅したと言われていましたが、
1株発見から、10年以上かけて4株に増え、近くに点々と5~6株見つけました。
公表せずに、管理者やボランティアの人達と、静かに見守っています。
シャガ群生もどれだけの人が知っているのでしょうか?(ここまで来る人は少ない)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャスミンにあらず、カロライナジャスミン | トップページ | 怪奇で不気味だが 強印象、ムサシアブミ »