2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 今宵は 特別な満月です | トップページ | 三大民間薬の一つ、ゲンノショウコ »

2023年10月 3日 (火)

竹林を華やかに、紅白 ヒガンバナ





遊歩道脇の 竹林 。

緑の葉が うっそうと生い茂り、

いつも薄暗く、野鳥の声も無く、

風にさわさわと柔らかい音だけが鳴る。


1_20231003220301



そんな陰気な竹林を、散歩しながら 何気なく覗くと、

なんと、華やかに変身していた。

ツクシ のように細い、ヒガンバナ の芽が、

雑草の中に無数に見えていたのだが、

あっという間に 開花したようだ。


Wa04_20231003220301
Photo_20231003220305



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220304



最近は、白いヒガンバナが 少しずつ増えて来て、

明るさを添えている。


Wa04_20231003220301
Photo_20231003220302



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220301



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220203



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220202



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220201



≪ 彼岸花 (ヒガンバナ)≫

   ヒガンバナ科  多年草で球根植物  別名 : 曼珠沙華  中国からの帰化植物  球根部分に毒性がある

   花と葉を、同時に見る事が出来ないので、

   『 葉見ず、花見ず 』と言われ、昔の人は恐れをなした と言われる。

Wa04_20231003220301
Photo_20231003222701

秋の彼岸の頃に開花するので この名が付いたと言われるが、
 
毒のある この植物を食べた後には、「彼岸」=「あの世」しか無い

という事で、この名が付いたという説もある。

別名が非常に多いと言われるが、不吉な言葉が多く使われているのも事実。

ですが、、、、

≪ 曼珠沙華 ≫とは、「天界に咲く花」とか、「見る者の心を柔軟にする」という意味もあり、

「赤い花」、「天上の花」として、目出度い兆しとされる事もある。

「あの世」を連想させる、不吉な言葉の別名を聞かされた人の中には

ヒガンバナ を嫌う人も居るけれど、燃えるように赤く、妖艶な美しさに

虜になっている人も、結構多いと、私は感じています。

撮るにも描くにも、こんなに難しい花は無い、、、とも 思っています。




Photo_20231003222601



« 今宵は 特別な満月です | トップページ | 三大民間薬の一つ、ゲンノショウコ »

コンデジが行く」カテゴリの記事

花ごころ」カテゴリの記事

コメント

 おはようございま~す。

 昨日夕方無事に帰宅しましたー。
疲れたので直ぐにバタンきゅー!

 竹林、良く管理なされているようで。
子供の頃はタケノコを掘り起こしたり・・・。
こちらに来てからは、近所さんから孟宗竹を何十本も頂いて、垣根を作ったものです。
 今思えば、あんな物・良く作ったものだな~っと。

 曼珠沙華は強しっ。
いや~・いいですね~♪
私ね、hanaさん仰る・ツクシのような・も好きなんですよ。
それをこうして拝見できるッ。最高ですよ(我が家では数本だけ・汗!)。
 そしてこの状況、それも傾斜地に立体的にでしょ、何ともいえませ~ん。
近所にありましたら、きっと私も毎日出掛けるでしょうね
 そしてヒガンバナの二枚目、なんとこのような傾斜地にまで!
しかも単なる一枚傾斜ではなく、変化に富んだ・・・。
その上マダケ?でしょうか、恐らく・きっと適度に整理をなされてこのような・・・。
 hanaさんのように、こうして愛でて頂ける方をお迎えできるように考えての、ニクイ・ですねッ。

 !そうだ・私、いつもダラダラと長い文面で申し訳ありません。
まだまだ長くなりそうですので、この辺りでガマンいたします。
今回も癒やされました。
今日はゆったり・のんびりしま~す。

 

🐰 ヒロさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

昨日は、大変お疲れ様でした。
早朝からお出かけで、しかも 100キロ毎に休憩って、、、
かなりの長距離を走ったのですね。
季節の変わり目ですから、無理をせず、ゆっくりと体を労わって下さい。

さて、ヒガンバナですが、散歩コースの見慣れた竹林です。
竹林の中に、竹があまり生えていない、陽だまりのような所に
紅白のヒガンバナが群生しています。
先日、ツクシのような芽がニョキニョキと、雑草の中から 沢山出てきたので、
もうすぐ開花するかなぁ~と・・・・写真は一部を切り取ったものですが、
実際は、入り組んだ 複雑な斜面いっぱいに満開になっていました。
ヒロさんのおっしゃる通り、遊歩道際の竹林なので、手入れをよくされて
草刈りもされています。あの場所を作って、ヒガンバナを植えたのだと思います。
散歩やランニングしながら、竹林を覗いたり、足を止めて休憩したりしています。
今回は、白花を中心に撮って来ました。

こんにちは!
偶然ですね・・・hanaさんは3日の記事だったようですが、俺も昨夜はヒガンバナの記事をアップした
所でした。記事にもありましたが、以前は俺もどうも苦手な花でした。名前も彼岸と付いているし
墓地などにいっぱいに咲くキツネノカミソリにも似てて、不吉なものを感じていた一人でした。
然しながらよく見ると実に繊細な花、銀泉細工を思わせるような花の作りなんですよね。
また、かたまって咲いているのを見ると、不吉なものが解かれてしまいました。
俺も一輪、白のヒガンバナを植えています。白と言うよりも淡い黄色みたいです。これがなかなか
増えませんね・・・
葉見ず花見ず、花見ず葉見ず・・・その言葉を本で見ていました。天上の花・天界に咲く花、これも
本に出ていましたが素敵な表現だと思います。

こんばんは!

あっという間に視界を赤く染めたヒガンバナも、なんとなく
色褪せてきてしまいました。
このところ急に気温が下がったのもあるのかな?

私はまだ白いヒガンバナを生で見た事ないんですよ。
あるところにはあるんですね(*^-^*)
でも、妖しいイメージは赤の方かな、やっぱり?

夕べは気温がぐんと下がり、寒くて夜中に目が覚めて
しまいました。
朝富士山を見たら雪が・・・。 初冠雪? 寒いわけだ。
今夜は毛布を引っ張り出したので、暖かく寝られそう
です。

そういえば、月下美人。 3年目のものに蕾がついて
いました。 以前のhanaさんの記事を読んで、いいなあ
と思っていましたが、やったねです( ´∀` )
最初3つの蕾でしたが一つは落下。 一つは今夜咲き
ましたぞ。

後日記事に載せますのでよろしく~!

🐰 でんでん大将さん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

ヒガンバナは、不思議な花です。
通学路に咲いていても、小学生たちは 見向きもしないし、
若い人もあまり興味はなさそうです。  ある年齢以上になると、この花の
独特な形と、鮮やかな真紅の花が、何かを感じさせてくれるのかもしれません。
妖艶な美しさは、男性をより強く惹きつける 力もあるようです。
ヒガンバナも、キツネノカミソリも、咲いていた場所によって嫌われてしまうのは
不幸な事です。  米沢の山村で、そこの家族に混じってお墓参りに行ったら
墓地の入り口近くの陽だまりにカタクリの花が群生していました。
子供の私は初対面でしたが、小さくて俯いて咲いて、綺麗だなァ~と。
それ以後、カタクリの花が、大好きになりました。

ココログの或る方は、サルスベリは墓地に植える花。その花を病院の庭に
植えるなんておかしい。。。と言う記事を書いた人がありました。
うちの墓地には、サクラとハクモクレンの花がいっぱ~いです (笑´w`)

🐰 たろさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

あッ !!  そうそう、田んぼの畔が真っ赤に染まる程
沢山咲いていましたよね~ ლ(❛◡❛✿)ლ
ハウル君も花に囲まれて散歩してました。

棚田に花は付き物なのでしょうか?
場所は忘れましたが、畔にアジサイを植えてました。
田植えの田んぼを囲むように、ピンク、白、ブルーの花が
雨に打たれて、早苗と一緒にびっしょり濡れて、
梅雨時の田んぼが、印象的でした。

田んぼにヒガンバナの光景は、昔から見られますね。
モグラやネズミから、田んぼを守る為だと聞きました。

月下美人は7月~10月頃まで、個々によって色々です。
家でも、7月に咲いたり、10月半ば過ぎに咲いたりです。
花は一晩で終わりですが、花の存在感と香りの強さは抜群です。
10時~12時頃がピーク。  今頃最高潮でしょうね~v(´∀`*v)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今宵は 特別な満月です | トップページ | 三大民間薬の一つ、ゲンノショウコ »