2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月25日 (月)

ココログの皆さ~ん !! メリークリスマス ♪





今年もクリスマスの日が来ましたが、

以前のような、ツリー飾りをしなくなって数十年。

ケーキを作ったり、トリ料理を作ったりも しなくなった。

今は、夕食にちょっとした料理を添えて、

小さなケーキで充分。。。。。

何となく侘しくなった クリスマス。

なので、何時ものように、パソコンで遊んでみました。


(*^-')ノ;:*:;“Merry*Christmas”;:*:;ヽ('-^*)

90                                                                   Png_20231225234001画像の中で、クリックしてください。





サンタさんのプレゼントの最後に出て来る金色の「珠」は、

「元気玉」と言います。(hana が勝手に作りました (´`)ゞポリポリ 

体調を崩された方、師走の忙しさで 疲労の方、

何らかの痛みを感じていらっしゃる方などに、

一日も早く、元気が戻りますように。

平穏無事に 年越しが出来ますように、願いつつ 「元気玉」を贈ります。


Ps60                                  Png_20231225234001画像の中で、クリックしてください。




Photo_20231225234001







2023年12月19日 (火)

可愛さが魅力、胴葉ベゴニア





花が少なくなった庭では、赤い実が 目立ってきました。

ヤブコウジ、センリョウ、マンリョウ、ソヨゴ、フユサンゴ 、ナンテン などなど。

寒さに負けず、愛らしさを振りまいているのが、胴葉ベゴニア 。

何とも 愛らしい花姿に魅せられて、ずっと育ててきたのですが、

晩秋に咲く ツワブキ の開花を 待っているかのようにも 思えます。

北風の吹く庭は寂しいけれど、ツワブキ の黄色い花を見ると、気持ちが和み、

胴葉ベゴニア とは対照的な花ですが、どちらも 冬の庭を 賑わせてくれます。


≪ 胴葉ベゴニア ≫

   シュウカイドウ科  品種が多いのが特徴  春から晩秋まで長い期間開花する。

   花色 : 白、ピンク、濃ピンク、朱赤、青みを帯びたピンクなど。

   胴葉の為、花の色がより際立って見え、葉の光沢感も協調される。

Photo_20231219224004
Photo_20231219224003



Photo_20231219224004
Photo_20231219224002



Photo_20231219224004
Photo_20231219224001



Photo_20231219224004
Photo_20231219223904



Photo_20231219224004
Photo_20231219223903



Photo_20231219224004
Photo_20231219223902


1_20231219223901

花が少なくなり、心細くなっている頃に

咲いてくれるのが ツワブキ です。

黄色い花が、庭を明るくし、人には元気を与えてくれます。


Ps90
                                   6_20231219224601画像の中で、クリックしてください。





Photo_20231219224701





2023年12月14日 (木)

夏も冬も爽やかに、初雪草





商店街の中央花壇を覗いてみました。

夏の間、白と緑のコントラストが美しく、

涼し気に咲いていた ハツユキソウ が

なんと、12月になっても見事に花壇を賑わせています。

とても小さい 白い花は目立たないが、

葉の美しさが、観賞用として植えられています。

今年は秋になっても、夏のような暑さが続いていたので

12月に入っても 枯れずに、夏よりも増えて元気いっぱいでした。

茎と葉の先が、少し黄色みを帯びていますが、

今も花が咲き、実も生りつつあります。


≪ 初雪草 (ハツユキソウ)≫

   トウダイグサ科  一年草  見どころは 葉で、6月~9月  

   北アメリカ原産  別名 : ユーホルビア

   和名の「初雪草」は、夏の開花期に、葉の白い斑がよく目立ち、

             その姿が、雪を被った様子に例えたもの。

8月には、濃い緑と 白い斑がとても美しかった。

Miniflowergr                                                                                                     8月のハツユキソウ
Photo_20231214225708



12月12日に中央花壇で見た、ハツユキソウ は、

茎と葉に、少し黄色みを帯びていましたが、

夏よりも増えて 元気いっぱいでした。

Miniflowergr
Photo_20231214225707



12月になっても、花が咲いています。
Miniflowergr
Photo_20231214225706



寒くなっても、美しいですね~(*´˘`*)

Miniflowergr
Photo_20231214225705



花が 実に生り始めています。

Miniflowergr
Photo_20231214225704



Miniflowergr
Photo_20231214225703



Miniflowergr
Photo_20231214225702
思いがけず夏の花に逢えて、頑張っている姿に感動でした。



Photo_20231214225701


公園の端に 一列に並んだ ヒノキアスナロ 。

可愛い実が 生っています。

Photo_20231214225101





Photo_20231214231001







   




2023年12月10日 (日)

イルミネーションより輝いてます♪ ピラカンサ





一丁目の公園。(我が家は 二丁目)

徒歩 5分。

ここ2~3日は、冬なのに20℃もあり、歩くと汗ばむほど。

その暖かい陽を浴びて、赤い実が枝から溢れる程に実らせている ピラカンサ 。

その ボリュウム感は、驚く程です。

初夏には、白い花が枝を隠すほど沢山咲いていたので、

赤い実が生るのを楽しみにしていましたが、

見てびっくり !!  

大粒の実がびっしりと、枝をしならせています。


≪ ピラカンサ(ピラカンサス)≫

   和名 : トキワサンザシ  バラ科  常緑低木  開花期 : 5月半~6月半

   実の観賞期 : 11月~翌年2月  旺盛に生育し、刈込によく耐える。  枝にトゲがある。

Photo_20231210223901 
Photo_20231210223807



Photo_20231210223901 
Photo_20231210223806



Photo_20231210223901 
Photo_20231210223805



Photo_20231210223901 
Photo_20231210223804                                              うわぁ~ 印と光の輪。


Photo_20231210223901 
Photo_20231210223803

 

陽射しが強くなって、赤い実はますます輝きだした。

Photo_20231210223901 
Photo_20231210223802



赤い実に太陽の光が一筋 !!  眩しい !!  まるで 宝石のよう。。。。

Photo_20231210223901 
700500na

食いしん坊の私は、、、、大盛りのイクラ丼に見えた。。。。 (˃́˂̀)




8_20231210223801                        Bl5_20231210224801 画像の中で、クリックしてください。(イルミネーションのように、光が動きます)




おまけデス。

Photo_20231210223801





Photo_20231210225101





 

 

 

 

2023年12月 5日 (火)

可愛い ピンクの実、マユミ





先日記載した、サザンカ が 咲いていた公園です。

サザンカ の 傍にあったナンテン が赤い実を付けています。

この公園には、色々な野鳥が集まって来るので、

ナンテン の実を食べたのでしょう。

実がだいぶ減っています。


Photo_20231205223201



サザンカ の横を通り抜け、木立の方に向かうと、

マユミ の可愛らしい ピンクの実が 見えます。

紅葉になりかけ、実も完全には割れていません。

紅葉も真っ赤な種子が見えるのも、もう少し先のようです。


≪ 真弓 (マユミ)≫

   ニシキギ科  落葉低木  日本の野山に自生する

   秋に 果実と種子、紅葉を楽しむ木として 親しまれている。

   果実が個性的。

1_20231205223201
A1_20231205224601



1_20231205223201
A2_20231205224601



1_20231205223201
A3_20231205224601



1_20231205223201
A4_20231205224601



1_20231205223201
A5_20231205224601



1_20231205223201
A6_20231205224601



1_20231205223201
A7_20231205224501

木にぶら下がるように、ピンクの実が生り、

4つに割れ、中から真っ赤な種子が 飛び出した後、

紅葉した葉が 落ちても、しばらく木に残っています。

写真を見ると、4つに割れかかったが、中は空っぽ・・・

野鳥に食べられたのでしょうか? (メジロ や ヒヨドリ がマユミ の木に来ています)

サザンカ にも、よくメジロ が来て 賑やかです。




Photo_20231205225501









« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »