2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月31日 (水)

実の時季なのに、開花したサルココッカ





庭の サルココッカ の実が、赤から黒に変化してきた。
 
この冬は気温が高い。

今日は3月の陽気で、明日はもっと気温が高く、4月の陽気になると言う。

そのせいでしょうか

2~3日前から、庭中に甘い香りが漂っていて、

葉の裏側を覗くと、白い蕾が開花し始めています。

1ヶ月も早い開花だけれど、大丈夫なのでしょうか

面白い事に、赤い実と 熟した黒い実と、白い花が、

同時に見る事が出来ています。


≪ サルココッカ ≫

   ツゲ科  常緑低木  開花期 : 3月~4月  秋の赤い実は、冬には黒になる。

   秋に蕾が目立ち始め、蕾と実が一緒に見られる。

   花の少ない時季に咲き、開花期間が長く、強い芳香があるので、最近は人気の植物。

Png_20240131215701
Photo_20240131215506



Png_20240131215701
Photo_20240131215602



Png_20240131215701
Photo_20240131215601



Png_20240131215701
Photo_20240131215507



Png_20240131215701
Photo_20240131215505



Png_20240131215701
Photo_20240131215504



Png_20240131215701
Photo_20240131215503



Photo_20240131215502



ベランダに出していた カネノナルキ が紅葉してきました。

何時もは 室内に移動するのですが、暖冬だという事で、

春に挿し木した鉢植えを、ベランダに出して置いたものです。

他の カネノナルキ は、室内に移動し、紅葉せず 緑葉のままです。


Photo_20240131215501




Photo_20240131215401






2024年1月26日 (金)

暖かそうなコートに包まれて、ビワ の花





裏通りの公園。

わが家の横の路地を曲がって 2分足らず。

遊具も何も無い、大小の樹ばかりの公園。

種類は少ないが、季節ごとに何時も花が咲いている。

昨年の11月末から咲いている ビワ の花。

急斜面になっている公園は、冬は北風が斜面を駆け上がって、

冷え冷えの感じがする。

そんな中で、温かそうなコート姿のビワ の花が沢山咲いている。


≪ 枇杷の花 (ビワ の花)≫

   バラ科  常緑高木  花期 11月~2月  花を付ける枝もろとも

   ビロードのような暖かそうな毛で覆われている。  花には芳香がある。

Bird2png
Photo_20240126221307



Bird2png
Photo_20240126221306



Bird2png
Photo_20240126221305



Bird2png
Photo_20240126221304



Bird2png
Photo_20240126221303



Bird2png
Photo_20240126221302



Bird2png
Photo_20240126221301



Photo_20240126222001



公園の サクラ の樹の下や、サツキ の周りなど、

あちこちに咲いている ニホンスイセン 。

サツキ が広がったのか、スイセン の方が増えて行ったのか

解らないけれど、、、、、

サツキ に囲まれてしまった スイセン は、

日光に当たりたくて、伸びて、伸びて、、、、

背高ノッポに育ち、陽を浴びて 生き生きしています。

Bird2png
Photo_20240126222802



この スイセン の後ろは、急斜面になっていて、

吹き上がって来る北風で、いつも大きく揺れています。

誰がしたのでしょう

周りに落ちている細い枝を 拾い集めて、

スイセン を囲むように挿してありました。

人の姿は見た事は無いけれど、優しさを感じ ほっこり (#^^#)

Bird2png
Photo_20240126222801





Photo_20240126223401





2024年1月22日 (月)

花より実が綺麗、フユサンゴ





冬の庭には 赤い実がいっぱい。

センリョウ、マンリョウ、ヤブコウジ、ソヨゴ、ナンテン、

そして、フユサンゴ

庭の実の中では 一番大きな実で、直径1.5センチ~2センチ弱ほど。

花後に小さな丸い緑の実が生り、黄色→オレンジ色→赤と変化します。

他の実は、野鳥たちに食べられてしまうが、

フユサンゴ だけは、実が有毒の為に誰も食べず、ずっと生っています。

長い期間実がなっていて、熟しきってしまうと落下し、

春になると芽を出し、小さな苗は 夏には花が咲き、秋に実を付けます。


≪ 冬珊瑚 (フユサンゴ)≫  別名 玉珊瑚、竜の玉

   ナス科  非耐寒性常緑低木  南米原産  花期 5~9月  結実 10~12月

   花よりも果実を観賞する。

Photo_20240122224601
F1_20240122224201



Photo_20240122224601
F2_20240122224201



Photo_20240122224601
F3_20240122224201



Photo_20240122224601
F4_20240122224201



Photo_20240122224601
F5_20240122224201



Photo_20240122224601
F6_20240122224201



Photo_20240122224601F77
                 夏に咲いていた花。  小さい花は、葉の蔭に咲くので見えにくい。


7p_20240122224301



もう一種類の、斑入りフユサンゴ にも、赤い実が生っています。

F8ape
                                      Png_20240122225201画像の中で、クリックしてください。





Photo_20240122225201










2024年1月18日 (木)

陽気なパラソル、パーシーカラー





高台の家の庭は 寒い。

冷たい北風が吹き、乾燥が激しいので、

冬でも 水遣りは欠かせない。

たまに 無風状態の時には、花たちは伸び伸びしている。

暖かい陽だまりで、花びらを 思いっきり開いて、

空に向かって咲いているのが、オキザリス・パーシーカラー 。


≪ オキザリス・パーシーカラー ≫

   カタバミ科  多年草  原産国は南アフリカ  開花期 : 12月~3月  草丈 10~20cm

   花弁はプロペラ状で、裏側の縁には、赤い覆輪が入る。

   蕾のときは、紅白のパラソルのように愛らしく、陽が当たると開き、夜間や曇り、雨の日は閉じている。

3png_20240118222901
Photo_20240118222607



朝はまだ蕾のまま。

3png_20240118222901
Photo_20240118222606



陽が当たり始めると、、、、、

3png_20240118222901
Photo_20240118222605



ゆっくりと開いて来た、、、、

3png_20240118222901
Photo_20240118222604



空を見上げて、、、、、

3png_20240118222901
Photo_20240118222603



開花したァ~ (*´˘`*)

3png_20240118222901
Photo_20240118222602



太陽大好き、パーシーカラー

3png_20240118222901
Photo_20240118222601
濃い緑の葉が、年が明けると葉先が紅葉してきました。




この庭で、ひと足先に開花したのが、オキザリス・ニューイエロー 。

姉弟のように そっくり !!

3png_20240118222901
20231104-001




Photo_20240118222501




 






 

2024年1月14日 (日)

日本水仙が満開 !!





家の前のイチョウ並木。

黄葉し、歩道は黄色の絨緞となり、

掃除するそばから ハラハラと舞い落ちて、

北風が吹けば、クルクルと渦を巻き、

箒と追いかけっこの日々が続きましたが、

今は、、、、すっかり裸木となった。。。。。

昨日は 春のような穏やかな、ポカポカ陽気。

イチョウ の大木の根元の、日本水仙が一斉に咲きだした。

うちの前の、1メートル四方の ミニミニガーデンは、

日本水仙が 溢れる程に増えている。。。。。


≪ 日本水仙 (ニホンスイセン)≫

   ヒガンバナ科  球根植物  「雪中花」とも呼ばれ、冬の厳しい寒さの中で咲く。

K14_20240114002801
Photo_20240114002706



K14_20240114002801
Photo_20240114002705



K14_20240114002801
Photo_20240114002704



K14_20240114002801
Photo_20240114002703



K14_20240114002801
Photo_20240114002702



K14_20240114002801
Photo_20240114002701



Photo_20240114002906


イチョウ並木のイチョウの根元は、1メートル四方にブロックで囲まれ、

舗装された歩道の中では、そこだけが土の状態になっています。

街の緑化運動も盛んで、いつしか自分の家の前の

イチョウの根元には、夫々の好みの花が植えられています。

とても小さな空間

ミニミニガーデンと呼び、花木や宿根草、球根を植えたり、

季節が変る毎に、花を入れ替えて 楽しんでいる人もあります。

朝一番に、ジョウロを持って水撒きに。

一日の始まりです。

わが家の近辺の ミニミニガーデンの様子です。


8png_20240114002901
Photo_20240114002905



8png_20240114002901
Photo_20240114002904



8png_20240114002901
Photo_20240114002903



8png_20240114002901
Photo_20240114002902



8png_20240114002901
Photo_20240114002901
ワンちゃんが、粗相をするのを防ぐ役割もあるんですよ。







Photo_20240114004201






2024年1月 9日 (火)

ろう細工のような、ロウバイ





新年が明け、早くも9日。

昨年に続き、気温の高い日が多い。

サクラ が咲いた地方もあると、ニュースが報じていた。

この辺りは 都心と比べ、かなり遅れて咲く花たちだけれど、

咲いているかもしれないと、山間の公園に行ってみると、

太陽の光の中で、ロウバイ は開花していた。

ツルツル、ピカピカの黄色い花が、

温かみを感じさせてくれる。。。。。


≪ 素心蠟梅 (ソシンロウバイ)≫

   落葉広葉樹の低木  中国原産で「 唐梅」とも呼ばれる。

   ソシンロウバイ は、花の内側も外側も 全体が黄色いのが特徴。

Miniflowerye_20240109224301
Photo_20240109224204



Miniflowerye_20240109224301
Photo_20240109224207



Miniflowerye_20240109224301
Photo_20240109224206



Miniflowerye_20240109224301
Photo_20240109224203



Miniflowerye_20240109224301
Photo_20240109224205



Miniflowerye_20240109224301
Photo_20240109224202



花全体が黄色いのが ソシンロウバイ 。

花の内側が、濃い紅色 又は、赤褐色の ≪ 満月ロウバイ ≫もあります。

0125-6



Photo_20240109225101


公園の中の池には、色々な種類の水鳥が飛来しています。

列をなして泳ぐもの。

嘴を背中の羽の中に入れて、

プカプカ 浮きながら眠っている物。

池の中の休憩所で座り込んで休むもの 等々。。。。

一羽の キンクロハジロ に注目しました。


Ps_20240109230001                                   Png_20240109225901画像の中で、クリックしてください。




Photo_20240109225901





2024年1月 5日 (金)

柔らかい 冬の陽ざし、眩しい !!





冬の陽ざしが 庭に降り注ぐ。

早朝の 冷え込みが和らぎ、

縮こまっていた木々の葉が、ゆっくりと開く。

眩しさと 暖かさを受けて、花や木の実が 

キラキラと輝く。

光が反射し、思わず 『 まぶしい !! 』。


Photo_20240105220508 センリョウ
Photo_20240105220507



Photo_20240105220508 マンリョウ
Photo_20240105220506



Photo_20240105220508 キンカン
Photo_20240105220505



Photo_20240105220508 ピラカンサ
Photo_20240105220504



Photo_20240105220508 オキザリス・ニューイエロー
Photo_20240105220503



Photo_20240105220508 胴葉ベゴニア
Photo_20240105220502



Photo_20240105220508 庭の タヌさんも 『 うわ !! まぶしい !!
Photo_20240105220501




Photo_20240105220401




 

 

 

2024年1月 1日 (月)

艶めかしく 和のイルミネーション





2023年 最後の日、大晦日。

ここは、新宿副都心。

新宿駅を中心に、ぐるりと有名デパートが5つもあり、

師走ともなると、買い物客が普段の倍に膨らむ。

歩道いっぱいに、ひとの群れが動いて行く。

久しぶりに 群衆に揉まれ、なんだか呼吸もしにくくなって来た。

人に酔う、、、とはこういう事か・・・・。

デパートの屋上で一息。

東京都庁の大きなビルが立ちはだかっていた。


Photo_20231231232002



冬は陽が落ちるのが早い。  夕暮れの都庁。

Photo_20231231232001



Photo_20231231232301



急いで人混みから抜け、新宿駅から 小田急線で よみうりランド駅下車。

よみうりランドへ向かう。

よみうりランドに隣接する、フラワーパーク『 HANA・BIYORI 』へ。

よみうりランドでも イルミネーションは、大々的に行われていますが、

此方は、まったく趣の違うイルミネーションが開催されています。


フラワーパークの昼間は、花のシャンデリア で、花がいっぱい。

Miniflowerye_20231231233501
F1-2



夜は、和のイルミネーション

Miniflowerye_20231231233501
F1-1



Miniflowerye_20231231233501 竹あかり

F1-3



Miniflowerye_20231231233501 竹灯篭が灯る 散策路。

F1-4



Miniflowerye_20231231233501 和傘のライトアップ で、幻想的な空間。

F1-5



Miniflowerye_20231231233501 
F1-6



Miniflowerye_20231231233501 花手水のライトアップ。

   手水舎の水面に、彩り豊かな花を浮かべ、

   光の中の、花の陰影を楽しむ。

F1-7



Photo_20231231232301


よみうりランドの、波のプールでは、噴水ショーも開催されていました。

Miniflowerye_20231231233501
F1-8



Miniflowerye_20231231233501
F1-9



Miniflowerye_20231231233501
F1-10

ブログ更新の今、23時55分。

あと 5分 で記事UP は終わる???


.₊̣̇.˟̑*̑˚̑*̑˟̑ෆ.₊̣̇.˟̑*̑˚̑*̑˟̑.₊̣̇.˟̑*̑˚̑*̑˟̑.₊̣̇.˟̑*


残念 !!  2分だけ「今年」をはみ出してしまった !!

皆様、明けまして ε(っु*ˊωˋ)っु*.°オメデトウゴザイマス

昨年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。(#^.^#)








Photo_20231231235301








« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »