2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

« まるで霞のよう、梅が満開 | トップページ | 冬なのに咲いてます、チロリアンランプ »

2024年2月27日 (火)

黄色いポンポンが弾んでます、ミツマタの花





丘陵地の里山散歩。

この辺りでは、新年明けて 一番早く咲くのが ロウバイ で、

次に咲くのが ミツマタの花 。

例年は、梅よりも早く開花していたのですが、

今年は年明けから 高温続きで、初夏のような日もあり、

梅がかなり早く開花してしまいました。

林の中の ミツマタの花も 満開になり、

冬枯れの林の中が、そこだけが華やかな黄金色に染まっています。


≪ 三椏 (ミツマタ)≫

   ジンチョウゲ科  落葉低木  中国南部、ヒマラヤ地方原産

   春早く ポンポンのような花が、枝の先端に咲く。

   枝が必ず3つに別れるので、ミツマタ の名が付いた。

   丈夫な樹皮の繊維を、製紙に使う為、古い時代に渡来した。


2月13日、重なる落ち葉の中に、フクジュソウ の花を

見つけた頃、ミツマタの花は まだ蕾でした。

Photo_20240227205901
0225-4



あれから 半月が過ぎ、、、、、

Photo_20240227205901
F10314-13



Photo_20240227205901
F20314-6



Photo_20240227205901
F30314-14



Photo_20240227205901
F40314-2b



Photo_20240227205901
F50314-3



Photo_20240227205901
F60314-11



フエルトのような質感のある花は、暖かみが感じられて、美しい。

Photo_20240227205901
F70314-7



Photo_20240227205901
F80314-9

ミツマタ の繊維は長いので、何回折りたたんでも破れない、

強いお札を作る事が出来ます。

皆さんお持ちの1万円札、5千円札、千円札は、

ミツマタ の樹皮から 出来ています。 

お財布の中のお札を見たら、この美しい花を思い出してくださいネ (´ ` )



8_20240227211101


南側の窓辺では、柔らかい陽ざしの中で、≪ 山雪草 ≫ が 咲いています。

Photo_20240227211102





Photo_20240227211101


 

 

« まるで霞のよう、梅が満開 | トップページ | 冬なのに咲いてます、チロリアンランプ »

コンデジが行く」カテゴリの記事

花ごころ」カテゴリの記事

コメント

 はい、心待ちにしておりました~♪
今晩は~。

 一枚目、こうしてじっくりと眺めるのは現物を含め久々のような~。
ーー 黄色くなってきたのもあるね、そろそろ開こうか~ーーー、 と花たちが・・。
 そして二週間!見事な・・・♪
 そうです、このフェルトのような質感。
ほんわか・温かみのある花弁、これがいいんですね~~。
しかも柔らかな球体に!これも引きつけられた要因でしょうか。

 そして・そして昔の方々、よくぞこうして和紙に・・、凄いものですね!
今夜はゆったりと眠れそうな~。
さあ・明日からは、多忙な日々が・・・(笑い)。

おはようございます。
黄色が鮮やかなミツマタのお花ですね♡
質感がフエルト状なのですね?
樹皮は重要なお札に役立っているので感謝です🍀

やっと強風も収まり気温も上がる予報です。

こんばんは!

もうミツマタがこんなに・・・。 遠目にも映える鮮やかな
イエローは、春にピッタリのカラーです。
小さな花の集まりだけど、たくさん集まることで見ごたえ
のある花になっていますね。

そういえば、春先の樹木の花はイエローが多いように思
えます。
ダンコウバイ、アブラチャン、クロモジなどの山の雑木
はみんなイエローですね。
何か意味があるのでしょうね。 もしかしたら昆虫の眼に
は、鮮やかに映るのでしょうか?

そう考えて自然を見つめると、不思議でいっぱいです。

こんばんわ!
毎年見せて頂いていますね・・・このミツマタ。濃い黄色は正しく黄金色。
良く紙の原料としてのコウゾ、ミツマタと聞きますが、花がこんなにも
美しいことはあまり知られてないと思います。
なるほどですね~繊維が長いから、折りたたんでも折れないのですね~
きょうもまた、良い事を教えて頂きました、

🌻 ヒロさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

何処の庭にも、いろいろな花木が植えられています。
大振りの花で、美しくて 豪華な花が多いです。
それに比べ、山の中に咲いている花は、
小さい花が集まって、枝いっぱいに咲かせることで
存在感を表しているように感じます。

冬枯れの灰色の中で、黄金色の花は、いかにも
存在感が大きくて、とても目立ってました。
庭木として植えても、なかなか難しい花木だと聞きました。
それなのに、林の中で他の樹とごちゃごちゃに混じって
枯れもせず、毎年黄金色の花を沢山咲かせているのは
なんとも不思議な存在です。

明日からDYI が始まるのですね~。 
雨降りですから、体調管理を大切に してくださいね。

🌻 マコママさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

2日間 強い北風が吹き荒れましたが
やっと納まりました。
今日は 久しぶりの快晴で、やっぱり
気持ちが良いですね~ v(´∀`*v)

山の中のミツマタの花は、遠くから見ると
ただボーっと 黄色く見えるだけで、人の気持ちを
誘うようなことも無く、ひっそりと咲いているのですが、
近くに寄ってみると、なかなか面白い形をした花なのです。
枝先が、必ず3つに分かれているのも、面白いですね。
近くで見ると、フエルトのようにフワフワで、とても綺麗です。
ロウバイが咲き、次にミツマタが咲くと、
林の中が明るい春の色に染まります。

🌻 たろさん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

先日、ハウル君の背中に雪を載せながらの
散歩で、とても寒そうでしたが、今日は久しぶりの快晴で、
楽しい散歩が出来た事でしょうね。

明日はまた雨で、天候が変わり易いのも、春の兆しという事ですね。
近くの山にも ミツマタの花が咲いているのでは?

ダンコウバイ、アブラチャン、クロモジの花は、
此方では見られないので、写真では見た事があるのですが
実物はまだ見た事無いです。(私が出会ってないのかも・・・? です)
3種とも、小さな黄色い花が集まって咲くのですよね。
庭の花木と違って、山の中の花木は、本当に細かい花が多いですね。
ただ、枝いっぱいに花を付けるので、林の中が黄色で
ボーっと見えるんですね。
そうそう、マンサクの花も咲いてましたよ~ ლ(❛◡❛✿)ლ

🌻 でんでん大将さん、こんばんわ♪
   コメント有難うございます。

ミツマタの花木を庭に植えているのを見た事がありません。
この花木は、庭で育てるのは、結構難しいと聞きました。
あの林の中で、他の樹に混じって、ごちゃごちゃになりながら
枯れもせず、毎年花を咲かせているのは、何故だろう・・・と
不思議に思いながら、今年も無事だろうか・・と見に行ってます。
他の木々が、葉も花も無い時季に、ミツマタ だけが咲いています。
これも、ミツマタ の戦略なのでしょうか?

紙幣を作る為には、沢山のミツマタ が必要なので、
お蚕さんの、桑畑のように、ミツマタ も畑で作られているそうです。
ごわごわした樹皮から紙の繊維を作るのは大変な作業だそうで
お札の有難味が一層深く感じられますね。
この辺りでは、ロウバイが咲き、ミツマタが咲き、マンサクが咲くと
やっと春が来たと感じ、「今年も無事に咲いて良かった」と安心します。

こんばんわ!
きょうの昼の食事時、テレビを見ていたら「お札」の事
新券の事を放映していました。材料はみつまた+なんとかって
言っていましたね・・・

🌻 でんでん大将さん、こんばんわ♪
   ありがとうございます!!

私もあの番組見てました(*´˘`*)
「お札」って、独立印刷局で印刷されているんですね。
よくテレビカメラが入れたなァ~とびっくりしました。
おかげで、新しい「お札」を見る事が出来ましたね。
手書きの技術は、まるで神がかりのように凄かったです。
原料には、ミツマタの他に マニラ麻も一緒に使われているんですね。
ミツマタも国内産は非常に少なく、ヒマラヤから輸入されているそうです。

「お札」は好きでも、詳しい事はほとんど知らなかったんですね~。
あの番組は時々見ますが、本当に勉強になります v(´∀`*v)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まるで霞のよう、梅が満開 | トップページ | 冬なのに咲いてます、チロリアンランプ »