2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

今、何時?

フォト

飛び回る小鳥

お天気

  • お天気
無料ブログはココログ

コンデジが行く

2023年11月29日 (水)

♪サザンカ サザンカ 咲いた道~ ♬





わが家から 徒歩2分 。

裏の路地の向こうは急斜面の公園。

その公園の入口付近に、ピンク色の八重咲サザンカが咲いています。


≪ 山茶花 (サザンカ)≫

   ツバキ科  常緑広葉樹  中高木  日本固有種  開花期 : 10月~12月

   野生種は、10月~12月に 白い花が咲き、晩秋の花として親しまれている。

   園芸品種も多く、品種によっても 開花期が少しずつ違い、ハルサザンカ系は、4月でも咲く。

W10_20231128235801
Pi_20231128235807



W10_20231128235801
Pi_20231128235806



W10_20231128235801
Pi_20231128235805



W10_20231128235801
Pi_20231128235804



W10_20231128235801
Pi_20231128235803



W10_20231128235801
Pi_20231128235802



W10_20231128235801
Pi_20231128235801



W10_20231128235801
Pi



Photo_20231128235801

この公園には、大きなサクラの樹が何本もあり、

春には サクタの花見を楽しんでいるのですが、

秋に葉が紅葉し 落葉すると、それを待っていたかのように、

サクラの樹に絡みついていた ツタが、真っ赤に紅葉して、

まるで花が咲いたような美しさです。 

一年に二度おいしい、サクラの樹です (´) 

Ape_20231129001101                                   Png_20231129001101画像の中で、クリックしてください。


この公園は、写真よりも急斜面なので、落ち葉を踏んで

うっかり滑って 転ぶと、ころころ・・・・・  止まりません。

小さなお子さんと 高齢者は、要注意です。。。。






Photo_20231129001101







2023年11月23日 (木)

今や 主役? ノコンギク





公園の花壇は、秋の花が終わり 綺麗に整理されていた。

これから、ハボタンなどの冬の花の 植え付けをするようです。

公園の周りの大木の下には、あちこちにノコンギク が

まとまって咲いていますが、

大木の日陰だったり、花壇近くの陽当たりだったり、

咲いている場所によって、少しずつ花色が違うようにも見えます。


« 野紺菊 (ノコンギク)≫

   キク科  多年草  開花期 : 7月~11月  ヨメナ と共に、「野菊」の代表格 。

   本州全土に分布し、山道、林縁、田んぼの畦道、野原など、何処でも見られる。

   日照の多少に影響されず、地下茎で増えるので、群生しやすい。

Png_20231123203701
Photo_20231123203707



Png_20231123203701
Photo_20231123203706



Png_20231123203701
Photo_20231123203705



Png_20231123203701
Photo_20231123203704



Png_20231123203701
Photo_20231123203703



Png_20231123203701
Photo_20231123203702



Png_20231123203701
7



Photo_20231123203701



公園に咲いていたのは、改良された品種と思われますが、

山や野原に咲いている ノコンギク はどの様な姿なのでしょうか

丘陵地の山の近くに行ってみると、、、、、

花色は、淡い紫色がほのかに感じられる程で、白色に近く、

他の雑草たちと共に、素朴だけれど 力強さも感じらました。


Ape_20231123215901                                Png_20231123204901画像の中で、クリックしてください。


「野菊」という名のキクは 存在しません。

野山に咲く 野生の菊、約350種の総称なのです。

野に咲く紺色の菊という意味で、ノコンギクと名付けられましたが、

の色は、白~薄紫と個体や地域によって、かなり変化に富んでいます。

紺色が濃い「紺菊」という園芸品種もあります。





Photo_20231123204901







2023年11月18日 (土)

冬の花火、ヤツデ の花





今年は、夏から秋になっても 猛暑が続き、

紅葉が遅れているとは聞いていたけれど、

いつもの 山間の公園は どうなっているのだろう

ひんやりした風の強い今日の公園は、

人もまばらで、静かな中に 野鳥の声だけが響く。

紅葉は始まっていますが、まだ本格的ではない。


E2




E1



公園の外れの林の手前で、ヤツデ の花が満開になっています。

紅葉し始めた木々の中で、白い花がよく目立ち、綺麗でしたよ 。


« 八手 (ヤツデ)≫

   ウコギ科  常緑低木  開花期 : 10月~12月  日本固有の植物

   葉が大型で 大きく、掌状に裂けた 独特な形をしている。

K14_20231118221901
E3



K14_20231118221901
E4



K14_20231118221901
E6



K14_20231118221901
E7



K14_20231118221901
E8



K14_20231118221901
E9

たくさん固まって咲いていると、花火のようにも見え、

一つの花をよ~く見つめると、、、、なんだか宇宙的な感じもして面白い。

すぐ近くの公園でも、お隣の庭でも咲いているヤツデ 。

円錐状に咲く 白い花は、花が少なくなる冬の庭では よく目立ち、

暖かい日には虫たちも多く集まり、貴重な存在です。






Photo_20231118224101





2023年11月 6日 (月)

高貴な菊が勢ぞろい、菊花展





薬師池公園の 芝生広場で、菊花展が開催されています。

B-1



B-2



芝生広場に 大きな 展示セットが組まれ、

丹精込めて作られた、素晴しい菊の花が 沢山出品されています。

11月1日~6日 なので、最終日ですが 行ってみました。

11月なのに 南風が吹く暖かい日です。

予報では、26℃ の夏日。

普通なら、初冬と言われる季節ですが、

今年は 春と秋が、あった 無かった

四季がよく解らなくなってしまいましたね

菊の 清々しい香りに包まれながら、

高貴な姿の菊たちに、(ღ*ˇᴗˇ*)oウットリ でした。


Photo_20231106141101
B-3



Photo_20231106141101
B-4



Photo_20231106141101
B-5



Photo_20231106141101
B-6



Photo_20231106141101
B-7



Photo_20231106141101
B-8



Photo_20231106141101
B-9_20231106141401



Photo_20231106141101
B-10_20231106141401



Photo_20231106141101
B-11_20231106141301



Photo_20231106141301


 

忘れないうちに お絵描きです。

今回はワードでは無理なので、イラストソフトを使ってマウス絵です。


Ps_20231106141801                                 Png_20231106141801画像の中で、クリックしてください。




Photo_20231106141801










 

2023年11月 1日 (水)

野菊の如き・・・アキバギク





里山の林の中に、白い ノギク が 群生しています。

今年はどんな様子なのか、逢いに行ってみました。

一つ一つは小さい花だけれど、こんもりとまとまって咲いていると、

薄暗い林の中の、そこだけが明るく見えました。

人の目に触れないような場所だけれど、

素朴で 清楚な感じの花が、とても可愛らしく、しばらく花の傍で休憩 。。。。。


≪ 秋葉菊 (アキバギク)≫

   キク科  多年草  別名 : キヨスミギク  野菊の一種

   関東から中部地方の林縁や林内に自生する。 切り花や 茶花として利用される。

4_20231101223701
Photo_20231101223703



4_20231101223701
Photo_20231101223702



4_20231101223701
Photo_20231101223701



4_20231101223701
Photo_20231101223605



4_20231101223701
Photo_20231101223604



4_20231101223701
Photo_20231101223603



4_20231101223701
Photo_20231101223602



4_20231101223701
Photo_20231101223601



Photo_20231101224001



ココログのブロ友さん達のブログ画面が

美しい紅葉のお写真がいっぱいで、

楽しく拝見させて戴いています。

こちらはまだまだこれからですが、

ほんのりと、僅かですが色づき始めたようです。

一か月後がピークになりそうです。


B911





Photo_20231101223901





2023年10月16日 (月)

ルビーのように美しい、ウメモドキの 実





裏通りの公園。

わが家から徒歩2分。

二階の窓からもよく見えます。

ウメモドキ の実が 色づいている頃なので、

見に行きました。


≪ 梅擬 (ウメモドキ)≫

   モチノキ科  落葉低木  葉の形や枝ぶりがウメに似ているのでこの名が付いた。

   雌雄異株なので、赤い実を楽しむには、雌雄両方を植える必要がある。

   落葉しても 赤い実は残るので、冬の庭の彩りになり、

   風情のある姿が魅力なので、庭木などに用いられる。


4_20231016004301
Photo_20231016004307

                          5月頃に、小さな花が咲いていましたが、あまり目立ちません。



花よりも美しい 真っ赤な実が、枝いっぱいに実っています。

4_20231016004301
Photo_20231016004306



4_20231016004301
Photo_20231016004305



4_20231016004301
Photo_20231016004304



4_20231016004301
Photo_20231016004303



4_20231016004301
Photo_20231016004302



4_20231016004301
Photo_20231016004301

この赤い実は、小鳥の「おなか」を通過しないと、発芽しない仕組みになっています。

先ずは鳥さんに食べてもらうのが先決です。

ウメモドキ としては、鳥さんに食べてもらい、遠くまで運んでもらうのが目的です。





Photo_20231016005101










2023年10月11日 (水)

華やか、曼珠沙華通り





神奈川県 川崎市 と言っても、東京都に近い所。

緑に囲まれた小高い丘に、ひっそりと佇む 古いお寺。

最寄り駅から10分ほどの、静かな道のり。

だが、今日は いつもとは雰囲気が違っている。

道路脇に、真っ赤な 曼珠沙華 が満開になり,

何処までも続いている。

緑の植え込みはお馴染みだが、ここに曼珠沙華が

こんなに沢山咲くとは、この時季に来なかったら

ずっと解らずじまいだったかもしれない。


B12png
Photo_20231011212708



B12png
Photo_20231011212706



あっちにも、、、、、

B12png
Photo_20231011212707



B12png
Photo_20231011212705



こっちにも、、、、、

B12png
Photo_20231011212704



B12png
Photo_20231011212702



あっちにも、、、、

B12png 
Photo_20231011212703



B12png
Photo_20231011212701



曼珠沙華通りから 左に曲がり、くねくね の小径を登る。

何も見えなかったのに、ひょっこり現れた山門。

B12png
Photo_20231011213502



周りは大小の木々がいっぱい。

山門をくぐり抜けと、、、、、

B12png
10_20231011213501



B12png
11_20231011213501



急斜面の石段を登りお寺へ。

静かな、、、静かな、、、野鳥の声だけが響く。


B12png12_20231011213501



『 う~~ん !!  ここ、ここからじゃね。

 ぐんぐん 曼珠沙華 が伸びとるんじゃよ。。。ぐふふぅー・・・』

B12png
Photo_20231011213501



B12png
13_20231011213501
この近辺には、古いお寺が沢山あり、

お寺の様子も様々で、好きなお寺には 何度でも通いたくなります。




Photo_20231011214701





2023年10月 3日 (火)

竹林を華やかに、紅白 ヒガンバナ





遊歩道脇の 竹林 。

緑の葉が うっそうと生い茂り、

いつも薄暗く、野鳥の声も無く、

風にさわさわと柔らかい音だけが鳴る。


1_20231003220301



そんな陰気な竹林を、散歩しながら 何気なく覗くと、

なんと、華やかに変身していた。

ツクシ のように細い、ヒガンバナ の芽が、

雑草の中に無数に見えていたのだが、

あっという間に 開花したようだ。


Wa04_20231003220301
Photo_20231003220305



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220304



最近は、白いヒガンバナが 少しずつ増えて来て、

明るさを添えている。


Wa04_20231003220301
Photo_20231003220302



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220301



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220203



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220202



Wa04_20231003220301
Photo_20231003220201



≪ 彼岸花 (ヒガンバナ)≫

   ヒガンバナ科  多年草で球根植物  別名 : 曼珠沙華  中国からの帰化植物  球根部分に毒性がある

   花と葉を、同時に見る事が出来ないので、

   『 葉見ず、花見ず 』と言われ、昔の人は恐れをなした と言われる。

Wa04_20231003220301
Photo_20231003222701

秋の彼岸の頃に開花するので この名が付いたと言われるが、
 
毒のある この植物を食べた後には、「彼岸」=「あの世」しか無い

という事で、この名が付いたという説もある。

別名が非常に多いと言われるが、不吉な言葉が多く使われているのも事実。

ですが、、、、

≪ 曼珠沙華 ≫とは、「天界に咲く花」とか、「見る者の心を柔軟にする」という意味もあり、

「赤い花」、「天上の花」として、目出度い兆しとされる事もある。

「あの世」を連想させる、不吉な言葉の別名を聞かされた人の中には

ヒガンバナ を嫌う人も居るけれど、燃えるように赤く、妖艶な美しさに

虜になっている人も、結構多いと、私は感じています。

撮るにも描くにも、こんなに難しい花は無い、、、とも 思っています。




Photo_20231003222601



2023年9月26日 (火)

花のように美しい 雄しべ、イヌショウマ





9月12日に 掲載した ≪ オケラ ≫ の花を見に行きましたが、

枯れて茶色になった花が、崩れずに 花茎の先端に残っていました。

直ぐ近くの藪には、白くて長い穂状の花が沢山咲いています。

近くに行き、観察してみました。


≪ 犬升麻 (イヌショウマ)≫

   別名 : 三葉升麻  キンポウゲ科  多年草  開花期 : 8月~10月

   山地や丘陵の林の中に生える。

   食用や薬用になる サラシナショウマ とは、同じ仲間であるのに

   食用にも薬用にもならず、劣っていると言う意味を表す「イヌ」が付いたと言われる。


長い花茎を伸ばし、穂状に小さな花を沢山付ける。

4_20230926230001
Photo_20230926230007



4_20230926230001
Photo_20230926230006



穂先には、淡紅色の蕾が見られる。

4_20230926230001
Photo_20230926231701




咲くと、花弁と萼片は 早くに落ちてしまい、

細くて白い多数の 雄しべ が残る。

ブラシ状に見えるが、これが 花のように美しい。

4_20230926230001
Photo_20230926230004



4_20230926230001
Photo_20230926230003



4_20230926230001
Photo_20230926230002





Photo_20230926230001






2023年9月22日 (金)

香る遊歩道、キンモクセイ





何時もの 川沿いの遊歩道を行く。

遊歩道よりも低い所を、川が流れています。

0522-1a



お気に入りの、緑のトンネル を抜け、

竹林を横目で眺めながら、川上に向かう。

A20422-4



農家さんの畑が多くなってきました。

風に乗って、爽やかな甘い香りが 近づいて来ます。

この香りは、キンモクセイ 。

遊歩道の脇には 畑が連なっていて、

畑を囲むように、キンモクセイ の生け垣 が 。

畑なのに、いい香り~~

農家さんに聞くと、キンモクセイ は、強い刈込に耐えるので、

利用している・・・との事。

花を観賞するのではなく、 形よく刈るのが目的だそうです。

1メートル高さに、角刈りにされていて、

花は満開だが、窮屈そうに咲いています。

お願いして、写真を撮らせて戴いたので、ブログに載せました。


≪ 金木犀 (キンモクセイ)≫

   モクセイ科  常緑小高木  ギンモクセイの変種  庭木や街路樹として利用される。

   秋に橙黄色の花を咲かせ、甘い香りを放つ。 開花期 : 9月中旬~10月下旬

Ps005
Photo_20230922215207



Ps005
Photo_20230922215206



Ps005
Photo_20230922215205



Ps005
Photo_20230922215204



Ps005
Photo_20230922215203



Ps005
Photo_20230922215202



Ps005
Photo_20230922215201

お隣の畑は、別の農家さんの畑で、違う植栽で生け垣が作られています。

ムクゲ の花に囲まれている畑もあったり、

畑の中にも、野菜の端っこに 季節の花が植えられて、

花いっぱいの、楽しい 遊歩道でした。




Photo_20230922222801





より以前の記事一覧